新着Pick
395Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
根本的な 違いは無いように感じる。両社ともにクルマの保有とサービスとしての移動の両立を目指している。MBUXは技術的に2年程度トヨタに先行したに過ぎないのではないか。株主圧力の強いダイムラーに対して、長期的な関係を基に落ち着いて取り組めるトヨタとのステークホルダーとの関係度の違いがある。事業戦略の打ち出し方の違いへは、間違いなく影響しているだろう。
ダイムラークライスラーが最近面白いのは、スタートアップの技術をどんどん市場に出る車に搭載しているところです。ちなみに音声認識の部分は、Plug and Play のポートフォリオカンパニーであるSoundHoundです。ドイツ仕様のA-Classの位置情報には、what3words が搭載されています。

まだまだ、という見方をするか進化の過程をみにいくのか。よくスタホとも比較されますが、車は安全性や使われるシーン、価格などを踏まえてもなかなか期待値は高いもの。それでも挑戦するか、少しずつ改善するか。CESでも各社のコンセプトカーなども発表されていましたが、各社の今後の取り組み方にも注目です。
未来への見方が、メルセデスとトヨタの違いでもあるのかなと思います。

やはりベースが島国で、輸出をベースに他国での工場を建設していったトヨタは、出荷台数で世界一になったもののブランドとしてはベンツに劣っているのは否めません。

トップシェア=トップブランドではないので、中〜中高級路線と普通車で展開し、ライドシェアによるサービス課金に行かざるを得ないのではないかなと思います。
正直記事にあるほどの根本的な違いはないと思いますが、ダイムラーを始めとしたドイツ企業/政府は、自動車業界におけるCASE、少し前だとIndustry4.0などコンセプトの打ち出し方が上手ですね。ある意味既知のコンセプトでも、わかりやすいワードと具体的な事例でムーブメントを作っていくやり方は、日本企業にも大いに参考になると思います。
勉強になります。「制度疲労を見せる日本の製造業と、Industry4.0に活路を見出しているドイツとの違い」から考えると、今後の自動車を、トヨタはサービス・ツールと位置づけ、メルセデスはより完成度の高い移動ツールと見る。本稿では、どことなく、ドイツの方を肯定しているようですね。ただし、もし私の理解が間違いでなければ、メルセデスも同様に交通サービスの主役になることを目指していたと思うので、トヨタと実はそれほどの違いを感じません。技術的に、ドイツが日本を一歩リードしているという感じでしょうか。

強いて、トヨタの面白いところを挙げれば、世界をにらんで、提携の網をかなり大きく広げている点です。同業他社から、異業種に至るまで、その積極的な姿は、ドイツ側より一歩歩幅を広げているように思います。結局、ハイブリッド技術の成功で実感したと思うのですが、業界標準を作り、その中で「売り手」になれるとしたら、それは業績の向上につながります。技術の追求より業界の標準、僕は両者の違いを何となくそこに感じした。ちょうど、ソニーとビクターが戦った「ベータとVHSの規格戦争」のことですね。
本質では無いところの議論。

新型Aクラスは乗ってみれば誰でもわかるが、メーターパネルは直立不動でドライバーに向かず、とても真面目に設計したとは思えない。

おそらくデザイナーからカッコイイからという目的だけで、日差し無し、映り込み防止、から直立不動の平板を選択したと思われる。

ドライバーの目線とは角度が合わない。

液晶パネルはその性質上真っ正面に視線に合わせるのが当たり前で、性能保証もその範囲。それを設計者は知らないのか。

そんなクルマを出す状況で、インフォテインメントの話の手前です。
ビックリする程稚拙ですが、今やAクラス派生車は全てコレ。

私の基準では論外です。
日本でのローンチイベントに呼んで頂き、プレゼンも見ました。(下記記事)
https://newspicks.com/news/3437967
こちらで書いたように日本人にとっては先ずは「hiメルセデス」をいうハードルが結構ありますね。音声認識の対話も正直それほど多くの便利と思えるユースケースが浮かびませんでしたが、音楽の操作や、ナビの操作は確かに便利だと思いますし、脇見運転による事故リスクは減るかと思います。自分も車を買い換えて、ナビが音声入力できるようになってからは、面倒くさい入力をしなくてよくなったのはかなりプラスと思いました。
モビリティカンパニーになると言い出したのは、むしろメルセデスからで、たしか2010年頃、モビリティプロバイダーになると、チェッチェ会長は宣言してましたね。
インフォテイメント系の操作をMBUXで実現しているって事ですかね。MBUXがクラウド管理なので、いわゆるSiriやAlexaにイメージは近いかもしれませんね。音声エージェントはその精度によりどこまで操作を任せるかはありそうです。つまり他社に任せた場合はある一定の制限がかかる感じもします。

詳しくはないですが、トヨタはレクサスにおいて窓の閉め忘れなどのアラートメールが出るようになっていたり、閉めるオペレーションも可能と聞いたことがあります。どこに重要な操作を任せるかは、確かにポリシーがありそうな気がします。
機能レベルでは差はつかないでしょう。方向性や発想の奇抜さが求められる程ではないので。勝負は繋がったあとのユーザープラットフォームを使ってどんなサービスに展開していくか。これは他業種を巻き込み、さらにその業種のリーダーになるような破壊的な変化がこれから起きるはず。ここで決定的な差別化がはかられるはずです。
トヨタ自動車株式会社(トヨタじどうしゃ、英語: Toyota Motor Corporation)は、日本の大手自動車メーカーである。通称「トヨタ」、英語表記「TOYOTA」、トヨタグループ内では「TMC」と略称される。豊田自動織機を源流とするトヨタグループの中核企業で、ダイハツ工業と日野自動車の親会社、SUBARUの筆頭株主である。TOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
22.0 兆円

業績

ダイムラー(ドイツ語: Daimler AG)は、ドイツ・シュトゥットガルトに本拠を置く、乗用車及び商用車の世界的メーカーであり、トラックの販売における世界最大手である。フランクフルト証券取引所上場企業()。 ウィキペディア

業績