新着Pick
285Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
テクノロジーの進化で人間の欲求も変わるのか、これはとても良い問いですね。

冒頭のほぼ日篠田さんの生殖技術の進化によるセックス(行為)の変化も当然起こるでしょうし、音楽生理学者の古屋さんの、妄想が重要というのも面白い。

ムーンショット ではテクノロジーとユーザーに関してはこう考えてます。
(図を貼れないので分かりづらく恐縮です)

テクノロジーが生まれるとメディアやサービスやプロダクトが生まれます。ユーザーはそれを使うと変化します。

例えば家の黒電話しか無い時代とFBがある時代にはユーザーは待ち合わせの仕方が変化しました。外で連絡出来ない時代というのは明日会う為の綿密な相談が必要でした、「19時に渋谷のハチ公前で10分は待つ、雨が降ったらその横のデパートのどこどこで待つ」と。今は「19時くらいに渋谷着いたら連絡するね」で以上です。
他にも、今CD屋で1時間CDを探す集中力と忍耐力がある人はいないでしょう。

絶えず人はテクノロジーから生まれたサービスやメディアで変化しています。

では欲求はどうかというと、記事中にあるようにマズローの欲求段階のようなものはあるでしょう。安全が保障されると社会的な欲求段階に進むなど。

欲求には振り子の欲求があります。片方が満たされるともう一つがスカスカになるものです。

これは「自分らしく」と「皆んなと同じ」です。
元々音楽は家で聞く複数人で聞くものでした。インターネットでメディアが多様化すると「父ちゃんのクラシックとは別に俺はロックを聴きたい」と自分らしさを求めます。インターネットとスマホはそれを手伝い、スマホとAirPodsでオンデマンドに音楽を聴くようになりました。

しかし、この感情は振り子なので「個」が進むと寂しくなります。ネットは「個」を提供しすぎました、なのでまたみんなで聞く「ライブ」や「フェス」に戻り、動員は増え続けているのです。

音楽サービスSpotifyがうまかったのはApple musicのアーティスト推しで個の追求から、みんなや、五感で聞く「プレイリストの多様化」に成功した事です。

これからもテクノロジーが人を変える事になると思いますが
・テクノロジーと人の間にはサービスやメディアなど媒介がある。
・人の欲求には進化だけじゃなく振り子がある
は覚えていると伸びてるサービスを読み解くヒントになります。
直前まで誰が登壇するかわからず、かつみなさん第一人者ばかり。自分がモデレータの立場なら、変な汗が出そうです。
登壇された方々も、堂々と議論をしていて素晴らしかったのですが、何よりモデレーターの岩佐さんが一番すごい、と感じたトークイベントでした。
以前、インプロシンキングの研修を数ヶ月受講したことがあります。即興でその場の状況に対応していく。予想外の展開は冷や汗ものですが、意外な展開が新たな発見に繋がってとても有意義な時間でした。話の内容はもちろん、この会議の仕掛けが面白いですね。

以下引用
“壇上に呼ばれたら、一つのお題に沿って、バックグランウンドの全く異なる専門家同士が即興で議論を深めていくことになる。そのため、話がまったく予想外の方向へと展開する、スリリングな内容となった”
技術に使われないための妄想力、創造性の発揮が求められるのかな。そこから欲求が生まれる。欲求を生み出す、という方がもしかしたら正しいかもしれない。
最後のグラフィックレコーディングにもっとも興味が、惹かれた。頭で描いていることはたくさんあるんだけど、それを形にする時間がない。それを解決してくれる?
この連載について
プロピッカーなど各分野の有識者が日々ウオッチしている専門分野の「2019年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、働き方など、各カテゴリーで2019年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。

業績