新着Pick

幸楽苑が「1人焼き肉」の郊外店を出すワケ

東洋経済オンライン
都心で浸透しつつある「1人焼き肉」店は、郊外でも成功するか――。郊外型ラーメン店「幸楽苑」を運営する幸楽苑ホールディングスは2018年12月末、2019年3月から郊外のロードサイドで「焼肉ライク」のフランチャイ…
253Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
焼肉ライクとして一番怖いのは吉野家などの不採算店を競合業態作られて変えられること。その意味でこの提携はかなりの意味がある
牛角を作った西山氏。焼き鳥のすみれ(smile)を当て、満を持して焼肉に殴り込みの焼肉ライク。広がってるんですね。今のところは新橋、新宿の2店舗ですが、5年で300店舗の目標とのこと。
https://www.foodrink.co.jp/sp/detail.php?blog_id=4&entry_id=8616
これが成立するなら、ホリエモン氏が言うように、牛丼3社などの競合の追随は必至。一時期、カツ丼戦争になりそうでしたがそこまで盛り上がらずでしたが、焼肉戦争になるか、注目ですね
家賃は安くとも駐車場台数が必要で、そこを上手く調整しないと回転がとり辛い郊外店舗。その為、総合型の店で滞在時間長く三世代を狙う店が多かったりします。一人業態だと家賃安い郊外といえども出店立地はかなり気をつける必要があるなと思います。
疲れた時、突然食べたくなる衝動に駆られる焼肉❗️
1人でも食べられるのは魅力的。
自分の分だけ払えば良いからね。割り勘しないでたかる若者を連れて行かなくてもいいのも魅力的。
一人焼き肉は行ってみたいな!

ビジネス視点で見た時に、郊外のお一人様ニーズを獲得するのは簡単ではないと考えています。

日高屋、いきなりステーキなど、飲食ビジネスで成功しているのは駅近立地を抑えている企業が多い印象。

ただ、一人でラーメンを食べに行く層は、焼き肉ニーズもありそうなので、ラーメンと同じくらいの感覚で焼き肉という選択肢が当たり前になれば、大きな成長が期待できる。

どうなるか楽しみである・・・
フレンチもステーキも立ち食いできるのが普通になりました。
一人でサッと入って好きなものを食べる。今日はちょっと仕事頑張った、トレーニング頑張った、プチ贅沢しよう。そんなことって普通にあると思う。一人焼肉、流行ると思います。
興味深い動き。


幸楽苑ホールディングスの新井田昇社長は、「郊外でも個食化が進んでいる実感がある。焼肉ライクの話をいただいたときに、これは人気が出るのではないかと直感した」と話す。
関東ではひとり焼肉のお店は、これまでなかったですからね!
大阪や新潟では、焼肉屋さんでもカウンターがあって、普通にひとり焼肉ができる環境にありましたので、これまで何で関東にひとり焼肉に特化したお店がなかったのかが不思議でした。。
幸楽苑は低収益で業態転換中ですね。最初に取り組んだいきなりステーキは早くも目処が立ってしまい、今度は一人焼く肉へ。こうしてみると、郊外店というくくりで複数の業態をポートフォリでマネージしリスク分散するのが狙いのようですね。
サクッと白いご飯に焼肉を食べられるのは魅力です。郊外店ではファミリー層の人気もある幸楽苑ならではの、子供とサクッといける場が作れると(一部でいいので)パパさん達にも人気が出るのではないでしょうか。
ジェイコムホールディングス株式会社(英語: J-COM Holdings Co.,Ltd.)は、グループで総合人材サービス事業、保育事業、介護事業を行う会社である。 ウィキペディア
時価総額
276 億円

業績

株式会社幸楽苑(こうらくえん)は、福島県郡山市に本部を置くラーメンチェーン経営企業である。 ウィキペディア
時価総額
462 億円

業績