新着Pick
1563Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
睡眠と健康の関連性については、これまで様々な研究が行われてきましたが、睡眠時間が身体的健康と直接関連があるのかは、驚くことにいまだ明らかではありません。

例えば、死亡率で切り取ると、睡眠時間とU字型の関連があり、1日あたり平均7時間を境に、短すぎても長すぎても死亡率が上昇すると昔から考えられてきました。説明としては短いと疲労回復不足、長いと代謝不足、というわけですが、現時点で最大規模の研究はそれを否定するような結果でした。
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/m/pubmed/23622956/

ただし、仕事への集中や効率、その日の気分に直に影響があるというのは皆さん実感されることだと思います。また、それに必要な睡眠は個々人で大きく異なります。このぐらい寝ると仕事に集中できる、そんな自分なりのルールがあれば、それが自分に合ったスタイル、というのが妥当な判断なのかもしれません。

不眠や日中の眠気で注意が必要なのは、記事に書かれているような読書やスマホに起因しない場合です。例えば、眠れないというのがうつ病の初期症状である可能性や、眠っているはずなのに日中も眠いというのが実は睡眠時無呼吸症候群の症状であったというような可能性があります。原因の思い当たらない場合には、このように病気が隠れていることがありますので、病院を受診することをオススメします。
ベッド内でのスマホ操作や読書をやめること、とのことですが、いつも、ベッドに横たわって数秒で意識不明になります。
全然記事の主張に関係ありませんけど、作業療法士って睡眠習慣に何の関係もありませんよね?個人的に詳しい人にインタビューしたということでしょう。(ちなみに医師も詳しくはありません。精神科医で興味があれば詳しいというレベル。栄養の話と同じくらい個人的に興味があれば勉強しているという分野です。)

あと、よく出てくる「自律神経失調症」という言葉や病気はありません。血液サラサラと同じくらい市民権を得ていて便利なので言葉としては使ったりしますが、、、
眠気の話に戻しますと、眠気と自律神経が直接リンクしているという話は睡眠医学の中ではそれほど出てきません。まさに自律神経障害が主たる病態であるShy-Drager syndromeという病気で不眠や過覚醒で治療に難渋するという話も聞いたことはありません。不眠症を合併しないわけではありませんが。
(睡眠と自律神経が関係ないとは言いません。自律神経の話をしだすと話がまとまらないので、あまり解説しません。)

スマホのブルーライトによる概日リズムへの影響や、睡眠をとる場所では睡眠だけをとること、寝ダメに意味はないこと、ショートスリーパーにはがんばってもなれないこと、この辺りはおそらく確かな情報かと思います。
寝不足の健康への影響は山田さんがコメントされているとおり、正確には何もわかっていません。糖尿病などに関係ありそうだという部分的な研究もされてはいますが。

ただ、寝不足は注意力が下がり、眠気はある程度のところで増え続けなくなるものの注意力はどんどん低下していくことが知られています。みなさま、よい睡眠習慣を。

※本当に大学の授業も含めて学ぶ機会はなく、たまに睡眠医学の本を読む程度なので無知な医師の戯言と思って下さい。
私もベッドに横になった瞬間に寝落ちしちゃうタイプですが、自律神経が乱れて睡眠障害を来している人が多いと感じます。いろいろなことに対してストレスを感じているのでしょうね。見えにくいけど社会の抱える課題だと思います。
運動をする事で、肉体的疲労で否が応でも眠く出来るで、軽い運動だけではなく、慣れてきたら激しい運動もおススメです!
はっはっは
運動したほうがいいですよ疲れて眠れますから
運動せずストレス溜めてウジウジしているのが一番良くない、と分かってはいるんですがね頭では