新着Pick
409Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
そんな会社行かなくてよし。
人気 Picker
コメントする気も起きないのでそっと閉じようかと思いましたが、専門分野として真面目にコメントします。

まずペットボトルですが、ダメなんでしたっけ?私いつも会議中もペットボトル机上に置いてますが。そんな窮屈な会社をフィルタリングする意味では、堂々としていて落とされた方がマシです。

後ろから座る。これは採用やったことのある人にしか分からない悩みだと思いますのでちゃんと書きます。記事にあるように満員になるような説明会の場合、これはとても大事です。適当に座られると、後半でどこに座ればよいか分からない人が出てきて、私も一緒になって探すのですが、「あそこが空いてるか」と思ったら荷物だけ置いてトイレに行ってるとか、隣の席の学生が荷物を置いてただけとか。大規模な説明会だと受付→着席は30分くらい秒刻みの判断が求められる緊張状態。

だから(これは記事に登場する人事への苦言ですが)人事はちゃんと誘導したらよい。前から座ってくださいねと。座ってくれなかったら、それは学生じゃなくて人事のあなたのコミュニケーション不足です。学生のコミュ力が弱そうって、何をいってるんですか。

つぎ、「すぐ帰る」
学生さんは好きにしてください。人事としては、追加で質問したくなるような魅力的なプレゼンができなかったと反省するか、質問しなくても良いくらい分かりやすい説明だったか、それを学生の反応を見て反省する時間にしたらよい。「あいつら質問してこない、非常識だ」とか思ってるんなら今すぐ採用をやめるべき。上から目線。
もちろん質問したいと思っていて、緊張して質問できない人もいるから、質問ない?って促すのはやりますよ。私も説明会終わって、一人に話しかけたら他の学生が集まってくるということはあります。雰囲気って大事。

最後、コートですか。どれだけの大学生が「コートは脱いで入るもの」というビジネスマナーを知ってるのでしょうか?私は学生時代には知りませんでした。コートを脱いでくる大学生がいると良く知ってるなと思うのですが、帰るときにもコートを持ったまま出ようとするので「寒いからこの場で着ていってね」というとビックリされることがあります。

※追記
この記事に関して、学生とディスカッションしていまして、
「ペットボトルを置いておけば魔除けになるね」と上手いことをいっていました。変に振り回されていなくて安心しました。
恐ろしい時代錯誤で、どこの国の話かと思ってしまう。企業は、もはや人材に選ばれる立場にある。こういう理由で落とす企業には就職しないほうがいいので、逆に、ペットボトルを持ち込んだほうがいいかもしれない。

専門的には集団分極化(http://kaigolab.com/column/20223)が働きまくった結果として、こうしたおかしな話になってしまうのだと思う。多様性とか、グローバルとは真逆の文化が醸成されて、そのまま衰退していくのだと思う。
企業説明会で「机にペットボトル」で話を聞く学生は落とすとのこと。そんな会社は検討の価値もありません。こちらからお断りしましょう。
コートを着たままというのはどうかと思いますが、それ以外は問題ないと思います。

会社の会議でも、各人の前にペットボトルが置かれているじゃないですか(笑)

要するに、人事担当がサッサと足切りをしたいのでしょう。
もっともらしい理由をつけて…。
一括採用だから落とす基準を考えてしまう。

NGポイントを考える暇があったら、ぜひ採用したいというGoodポイントを考える方が健全。

しかし、現実は一括採用で多数の就活生を相手にしなければならないので、そんな発想になってしまう。問題の本質は、ここにあるのでは?

ちなみに、後ろから座る、質問しないなどの行為は社会人でも同じですよ。会社から言われて参加するセミナーとか典型的です。

自分たちができていないことを、就活生に求めるのはやめましょう。
ペットボトルで落とす?笑ってしまった。そんな会社はこちらから願い下げだ。自分を落とした会社は見る目がない、と考えて次に進むべきだろう。
正直、ペットボトルくらいいいのに、と思います。そういう組織文化に入っていかないとダメなのが現実なんでしょうね。大変ですね、学生さんたち。
お断りしてますねぇ、RA面接ミーティングでテーブルに足をお載せになる大学院生さんは あ、あと入室すぐにSo, can I see your resume? って聞く方(ワタシのレジメのことです)も

と、書いてみて、そういえば最近はないなぁ、と思ったのは、会う前の事前スクリーニングが上手くなった、ってことなんですかねぇ
【人事戦略デザイナーの視点】

どのような評価基準を持っていても、それはその会社の自由。

ただし、ペットボトル飲料を持ち込む自由もない会社が、今後の多様性競争に勝ち残る確率は恐らくゼロに近い。

タイトルをつけるなら、

『人事戦略デザイナーが見ている、人事部の常識』

てな感じです。
事前に言っとけばすむ話かと。講演会などでも、開演前に「私語飲食撮影禁止です」みたいなアナウンスしますよね。
(本件に限って言えば、講演中に横の人がもぞもぞしたり音立ててると鬱陶しいので、禁止したい気持ちは分からなくもないです。)

しかし、社長がどういう性格かなど講演を準備する担当者はよく分かっているはず。万一にも社長を不愉快にさせることがないよう、仕込みは徹底的にしておくべきでしたね。そこに気を回せない担当者の詰めが甘い。学生のせいにする前に考えることがありますよ。これが学生じゃなくて強く出られない株主とかだったら、怒りはあなたに向くかもしれませんよ?

そもそも経営トップが時間を割いて喋るのだから、聴衆の態度も含めて設営に気を回すのが「マナー」だと思います。
嫌味です。