新着Pick
402Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
いろんなとことで書いてますが、今一度。"訪日外国人旅行者3,000万人"という「人数」が語られがちですが、実は「消費額」の目標もセットで存在しています。2020年4,000万人8兆円、2030年6,000万人15兆円という数字です。ちなみに現在は3,000万人で4兆円程度と言われています。

アジア地域の観光大国はタイですが、訪泰(タイ)旅行者の一人当たり消費額がおおよそ17万円です。日本は14万円くらい。そもそも物価が違うことも加味すると、まだまだ伸び代があります。とりわけ買い物ではなく娯楽サービスの分野の消費額が少ないため、ナイトタイムエコノミーや、自然体験、ビーチ活用などの当社が主戦場の体験型観光商品の充実が重要です。
「Youは何しに〜」的な番組では、欧米の旅行客が多くフィーチャーされてますが、訪日客を国別でみると、結局は東アジア(中国・韓国・台湾・香港)が全体の約8割で、欧米はわずか1割。

いま日本の各都市で誘致合戦やってるIR(統合型リゾート)も、一番お金を落とすのは間違いなく中華系の人です。敢えて言うと、インバウンド対応には、英語より中国語。
鹿児島・指宿を訪れた際、観光列車である特急「たまて箱号」が満席で乗れず。現地の人に「さすがに人気なんですね」と話したところ、「最近は外国人の利用が多くて、すぐに満席になってしまう。アジアの方々が、福岡から南下する旅をされてるみたい」と。東京、大阪等の都市だけではなく、更に足を延ばす人、何度も日本に来るリピーターも多そうです。
ここ数年の新宿ゴールデン街は、欧米を中心とした訪日客にほぼ占拠された状態で、かつての鉄火なイメージはまったくない。外国人旅行者は、スマホを片手にチャージ料やWi-fiの有無を聞きながら、店をサーフィンしている。
これほどゴールデン街が人気なのも、裏を返せば、外国人にとって魅力のある「夜遊びの場所」が少ないから。山野氏が書いているように、日本よりもタイの方がインバウンド客の消費が多いのは、極めてシンプルな話で、タイの方がホテルが充実していて、観光客がお金を使いたくなるようなアクティビティが整っているからだ。確かに物価はタイの方が安いが、アクテビティの料金は日本と変わらないか、むしろ高いぐらい。このことは随分前から指摘され、ラグビーW杯や東京五輪に間に合うよう整備が急がれるのに、なかなか進展がない。頑張ってるのはチームラボぐらいか。
デービッド・アトキンソン氏が
「新観光立国論」で、
日本は潜在的な市場価値が高いにも関わらず、観光後進国だ、
と看破したのが2015年。
前年の訪日外国人旅行者数は1341万人(2014年)だから、
何と4年で2倍以上に海外からの観光客が増えたことになる。

その伸び率の大半を占めるのが、中国と韓国。
政治面での冷え込みとは、裏腹の数字。

いずれにせよここ数年で桁違いの成長を見せたのが
国内観光市場である、というのはこの数字を見ても間違いない。
“Moms in tech”という、世界中のtech業界で働く母親が参加するFacebookグループを見ていると、しばしば「子どもを連れて海外へ休暇に行きたいけど、どこがオススメか?」という投稿を見かけます。すると驚くことに「日本」と回答するひとが多いのです。

日本はとにかく安全で清潔、人は親切で、授乳室もたくさんあり、多目的トイレが多いからベビーカーでも入りやすい…など、近ごろよく見るニッポン自慢なテレビ番組もびっくりするほど、賞賛の言葉が並びます。

そんな馬鹿な…と懐疑的に色々調べてみたのですが、確かに温泉旅館の赤ちゃん連れ向けプランなるものも結構多く、オムツ使い放題!料理長による離乳食付き!など、なるほど海外では見たこともないようなホスピタリティ感じる内容が溢れています。

「日本は子育てしにくい国」とネガティブな情報ばかり接していると全く気付きませんが、こんな例を見ていると、まだまだ日本のポテンシャルは高いな!と、思わずポジティブな気持ちになってしまいました。
近年欧米でゼノフォビア(外人嫌悪)が増幅しているのに、日本はそうでもない、どころか、見方によってはヘイトが横行していた数年前より改善しているかも。
大きな原因は、アジアからの観光客の飛躍的増大が今の日本経済を潤していることが実感されるようになったことではないかと思う。政府によるビザの緩和が絶大な効果を生んだ(過去半世紀で最もコスパの高い経済政策でした賞を進呈)。
けど、国を開くのが遅かったせいで、ガラパゴス的な恩恵に今与っているところがとってもジャパンw。
訪日外国人旅行者が3000万人を超えたことだけでなく、消費額や経済効果、国民生活への影響など、マスコミにはもっと大事なことも取り上げてもらいたいです。
観光に重要なのは観光資源だけでなく、歴史があること、四季がること、食文化があること、そしてインフラが整っていることです。
日本は世界的にみても高いレベルですべてが整っているので伸びしろは大きいと思います。
後は、超ハイエンドを受け入れる施設をもう少し増やして、ブランド力を高める努力が必要だと思います。東京にですら5つ星ホテルが少なすぎます。
世界のお金持ちが来るようになれば消費額が上がってくるので、人数を増やす対策と一緒に進めていかなくてはなりません。
やっぱり3千万の大台を越えていたんですね。次は政府目標の4千万ということになりますが、ここから先は丁寧に行かないと難しいと思います。日本社会全体で更なる受け入れへ向けて、態度や価値観を微修正する必要が出てくるからです。