新着Pick
378Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
文大統領の発言の真意は「この際、理屈は置いといて、我が国の司法がそう言っているのだからそれに従うべき。日本政府は口を出すべきではない」ということだろう。もういい加減、日本は意味もなく謝ったり、我慢するのをやめるべきだ。徴用工やレーダー照射の問題をうやむやにするのは、日韓双方にとって良くない。
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は1月10日、記者会見を行い、韓国政府が戦時中の強制労働問題で司法を尊重しなければならず、そのことを日本は理解すべきだと述べた。韓国最高裁判所の見解と大統領の見解は同一であると述べたもの。歴史認識を綴った昨年10月の韓国最高裁の判決文を、「司法の判断を尊重せよ」という言葉自体が、「司法判断」の政治的利用そのものではないだろうか。「三権分立を尊重する」という言葉は響きが良いが、司法の判断が「政治判断」であるところで「三権分立」というとき、近代国家の「三権分立」の意味とは違う。
現段階のステートメントとしては、こうしか言えない国内事情は理解できます。どのようにして乗り換えるかはこれからの交渉にかかっています。公の発信と水面下の交渉、実務レベルの知恵出しとトップの決断をうまく噛み合わせて前に進んでほしいです。今の国際情勢で、日韓がケンカしている時間はありません。
韓国の文在寅大統領「韓国政府が戦時中の強制労働問題で司法を尊重しなければならず、そのことを日本は理解すべき」とのこと。
司法は韓国の国内問題で、日本と韓国の二国間の協定は、その上位のはず。これでは、韓国と何の協定にも調印できません。
司法を尊重すべきと主張する文大統領。

よもや、国際司法裁判所への提訴を拒んだりしませんよね〜。

早々に、日本は国際司法裁判所に提訴しましょう。
私はヨーロッパのことは多少なりとも勉強しているが、日韓関係については、正直なところ新聞で報道されていることくらいしか知らない。その上で感想を述べると、請求権の問題に関しては、日本政府の主張が正当なのだろうと思う。ただ、多くの日本人の感じ方には違和感を覚える。あくまでも心情の問題だが、なぜ、一人の人間の立場ではなく、国や国籍ばかりを軸に物事を捉えるのだろうか。同じ人間、同じ賃金労働者として、働いたのに正当な賃金を貰えなかった人に対する同情が、なぜ無いのだろうか。自分たちの与り知らぬ所で統治者たちが何を決めたにせよ、それで働いた分の賃金の請求を反故にされた人がいるという事実に対して、何とか救ってやれないものかと感じなにのだろうか。国と国が何を決めようとも、正当な人権を無視された人が出ているという事実には変わりがない。それを認めないような態度は、いつか自分たちの権利さえ軽視される世の中が生まれそうな気がして恐ろしいと感じる。まあ……みんなやっているからと言ってサービス残業を我慢するのも、同じような感覚なのかも知れない。
「徴用工訴訟」問題は 100% 韓国が悪い

-- 国民徴用令は1939年7月に施行されたが朝鮮半島への適用は出来る限り差し控え1944年9月に至って初めて朝鮮半島に実施された --

この訴訟の原告が日本に来たのは1943年なので徴用ではなく自ら応募して来た事になる

つまり「徴用」は嘘
ダメだこりゃ。

野党議員のみなさんは、今こそ出番ですよ。日本の国益にならないことを言われて黙っているなんて「国会議員」じゃない。戦っていただけますよね?
もともと韓国政府は、日本に対してはダブルスタンダードなんですよね。
でも、文大統領という人は、朝鮮半島を代表して日本に対峙しているので、韓国政府のスタンスからも外れて来ているように感じます。
国際法違反をしておきながら、「日本は理解すべき」と言うのは、無理筋な話。

この問題は、歴代の韓国政府も解決済みの立場を取ってきたはずで、政治利用をしているのは日本ではありません。

また、きょうの会見ではレーダー照射の件については言及せず。いずれにしても、残念です。