新着Pick
555Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コルコル、海外でも売れているんですね。
初期の計画と実現化のための人選が内部説得の肝だったよう。
物事の裏側には多くのストーリーが隠れていることを感じる記事でした。

またシメの食品表示法の件など、続けていると時に追い風が吹いたりする。いい時だけ乗っかるでは出会えない瞬間です。

各地の女性社長と触れるようになり、台風の際は作物、大丈夫かなぁと気になるようになりました。南大東島と聞くとグレイスラムさんを思い浮かべます。
一気に読んでしまいました!本当に面白い事業創造ストーリー!

あまりに面白かったので、要点を整理してみる。

【既存のラム酒の課題】
化学香料による香りづけ、カラメルなど化学色素による着色が一般的に行われている。
=ラムを使う、品質にこだわるお菓子メーカーは課題を抱えている。

【コンセプト】
国産+無添加無着色

【実現方法】
・社内ベンチャー制度を活用して事業構想をつくる
・泡盛づくりのレジェンドを巻き込む→南大東島での製造を試行錯誤しながら確立

【市場ニーズ】
食品表示法が改正→食品メーカーでは「国産ラム」が付加価値に

==
新規事業は、アイデアだけで形になることはない。
野心と諦めない心がセットになって実現するものだと、改めて考えさせられました。
無添加無着色の沖縄県産ラム誕生、苦難のストーリー。

南大東島の水道水をベースにした途端に、探し求めていた味を出すことができたそうです。サトウキビと水の相性がよかった。

ラム酒といえば、文豪ヘミングウェイを思い出します。フロリダはキーウェストに行った時、ヘミングウェイが通っていたというバーで「ダイキリ」を飲みました。その味は忘れられず、日本に帰ってからも、「フローズンダイキリ」を仕上げに飲んでいたものです。

沖縄県産のラム酒「コルコル」を早速注文しようと思います。
南大東島行ってみたいんだよねー。ホンダジェット でいけそうだな。。
素敵な話!
ぜひこのラムは飲んでみたいな。


それにしても
「泣きながら部長に訴えた。すると、ラム事業の内容や進捗(しんちょく)をいつも厳しくチェックしていた部長が慌てた様子で引き留めた。
そして、それまでの頑張りを認めて、べた褒めした。」

こういうマネジメント層が若い芽を摘んでるんだろうな。
金城さんは巻き返せたけれど、多くの人はここで諦めるんでしょう。
自分がやったこともないことにダメ出しするって、なんなの?と思ってしまう。
日本酒、ジン、ワインと来て、今回はラムですか!
ラムの世界でも感動的なエピソードを持つ人たちが日本にいるのですね。
社内ベンチャー制度でガチで取り組んだ金城さんも凄いし、本気でバックアップした沖縄電力も偉い。
それにしても、玉那覇さんという方は本当に魅力的ですね。
地元の水道水を試しに使ってみたら、1年間の行き詰まりから抜け出したというエピソードも面白い。
島の持つストーリー、ラム酒が出来るまでのストーリーが素敵。ローカルからでも、いやローカルだからこその想いやスピード感、デコボコした感じの創業秘話がリアルで、なんか応援したくなりますね。
この記事は、ずるい、面白すぎます!笑


お酒について新しい発見をもらえることももちろんですが、新規事業立ち上げにまつわる数々のエピソードは、多くのビジネスマンにとって非常に示唆に富む内容ですよね。
黒糖焼酎は酒税法のせいで米麹を入れることになっているけど、ラムと同じでサトウキビが原料だから本質的に違いはないよね。
なんと素敵なお話。まるで映画を観ている様でした。
沖縄電力の制度も今なら珍しくないけれど、一昔前だから先進的だったのではないかと思いました。
そして、何と言っても金城さんと玉那覇さんの出会いo(^o^)o✨
金城さんとのチャレンジを選んだところ鳥肌ものですね。
空港で作るとかも面白いと思いますし、ほんと楽しいですね!
コルコル。名前も可愛い❤