新着Pick

イオン、3─11月期は営業収益・営業益ともに過去最高

Reuters
[東京 9日 ロイター] - イオン<8267.T>が9日発表した2018年3─11月期決算は、営業利益が前年比同6.0%増の1090億円で過去最高となった。金融事業とディベロッパー事業が順調に拡大したほか、総合スーパー(GMS)事業や国際事業の赤字幅縮小も寄与した。
13Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
イオンの決算で注目したいのはアセアン事業の利益の伸びと中国事業の赤字縮小ではないでしょうか。3-11月累計で営業利益は1090億円(対前年同期比+62億円増益)になっていますが、これを地域別に見ると、日本が854億円(同▲45億円)、アセアンが231億円(同+76億円)、中国が▲1億円の赤字(同+28億円)などとなっています。この利益の脱日本化には注目しておきたいですね。
イオンフィナンシャルサービス株式会社は、イオンの子会社で、イオングループの金融事業を統括する金融持株会社(中間持株会社)である。 ウィキペディア
時価総額
3,951 億円

業績