【讃井康智】EdTechがもたらす働き方改革

2019/1/12
国がEdTech利用に本腰
教育に利用されるテクノロジー、すなわち「EdTech(エドテック)」にとって、2018年は飛躍の一年になったと言えます。
人生100年時代、そして政府が提唱する超スマート社会「Society5.0」の社会を見据えた上で、国が省庁の枠を超えてEdTechの必要性をはっきり明言した一年となりました。
経産省「未来の教室」実証事業が特に大きな取り組みとなり各地でEdTechを使った実践が多数実現しました。中間報告会のあったイベント「Edvation ☓ Summit 2018」もEdTechの最先端事例を知りたい人々で大盛況となりました。
【関連記事】
授業での導入
ちなみに、私たち、ライフイズテックもこの実証事業で大きく2つの取り組みを行っています。