新着Pick
173Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事を書かせて頂き、ありがとうございました。
韓国の若者は今の時代に合わせて積極的に変化しています。最近の韓国景気が厳しいとはよく言われてますが、韓国の若者はチャレンジ精神が強くてカルチャー、メデイア、ビジネスから政治まで自分たちの力を発揮しています。今までのオールドゼネレーションが作り上げてきた韓国とは違う新しい社会がどうなっていくのかぜひ興味を持ってくださると幸いです。
手触り感のある記事で興味深く読みました。「一人」というキーワード。現地社会を内から見ないと見えてこない視点ですね。韓ドラでも、そういう場面がちょこちょこみられるようになりましたし、テーマとして扱われる回もあります。

Kポップ、今、東南アジアではBLACKPINKの人気が凄まじいです。先日はバンコクのコンサートで、タイ人メンバーのリサがタイ語で話して大盛り上がり、と観に行った人から聞きました。メンバーがみんな英語でも話していたとのこと、音楽性だけでなく、このグループの強みだなと感じるエピソードでもありました。

ジャカルタでは今週、BLACKPINKのコンサートですが、3000人超えの会場が連日、ほぼソールドアウト。Kポップのパワーを感じます。

Kコスメも、シンガポールのショッピングセンターのかなり目立つところに、ラネージュ、イニスフリー、エチュードハウスといったアモーレパシフィック系主力ブランドが店舗を構え、東南アジア各地の空港では、人気女優を起用した高級化粧品のソルファス(雪花秀)の大きな広告が出ています。

先日、九州のとある大学で大学生向けに講演をしましたが、その時もKカルチャーの話題を出すと、学生の目つきが変わるほど人気・関心は高い印象を受けました。

日韓の政治関係はかなりこじれていますが、カルチャーについては若者を中心に相互の関心がとても深く、楽しみ、馴染むという状況が進んでいます。複雑な歴史関係もありますが、今の若い世代が互いの文化を楽しみ交流していくという状況は大切ですね。
なんでもガラパゴス進化が好きな日本と違ってさすが大陸の韓国は、自国の文化コンテンツを世界に広げることに本当に優れていますよね。インスタグラムも韓国の人気アイコンのフォロワーの国際色豊かな感じはすごいなと思っていましたが、ユーチューバーまでそうだとは驚きです。Amazonが進出していないことにも驚きました。
ガラパゴス日本であってもこれまでの50年は経済発展の圧倒的な優位性から、アジアの若者が勝手に憧れてくれる文化もありましたが、新大久保に集まるオルチャンメイクの女の子たちを見ていると、韓国引力の強さを感じます。
日韓間の外交問題のこじれをソフトパワーからほぐしていくのだとしたら、韓国が先手を取っている気もします。
韓国の伸びの部分のキャッチアップが自分で足りてないなと思う。中国ばかりチェックしないで他のアジアの国も見ないとと、昨日までベトナム行ってましたが、ベトナムが世界に出るのはだいぶ先な気がしました。
韓国にはアマゾン、アリババが進出してないんですね。びっくり。

このYOLO(your only live once)から「お一人様」への進化はわかりますが、感情は振り子です。どこかでも書きましたが自分1人で聞くCDの売上は下がってもライブの動員、売上は増えるのです。お一人様ビジネスが儲かるほどその先にはどこかにみんなで楽しむビジネスが好調になるはずですよ。
BTSの大ブレイクは来るべくして来た、という感じがします。韓国語×英語の曲が海外チャートを席巻したのは本当にすごい。きたえられたダンス、次々とセンターを入れ替える立体的な振り付け、歌唱力の高さ、日本のジャニーズなどのアイドルを参考にしている雰囲気はあるもののはるかに高いクオリティで凌駕してグローバル化に成功しました。
"BTSの所属事務所「Bighit Entertainment Co.,Ltd.」の発表によると、2018年の第3四半期までの累積売上高は1339億ウォン(約134億円)、営業利益は353億ウォン(約35億円)でした。"
『浪費図鑑』(小学館)という本とマンガがあります。
そこには韓流を含めて、さまざまな対象に「浪費」する女性たちの心理が描かれています。

「YOLO(You Only Live Once、一度しかない人生を割り切って楽しむという考え方)」という(女性の)ライフスタイルを理解するための参考図書として参考になるかも。
真面目に読むというよりは、笑って楽しむ本ですが。
私はもう数え切れないほど韓国に行き、ビジネスパートナーも現地にいるので、この記事前向きに読めますが、今の日韓関係が冷え切った中では、馬の耳に念仏…かもしれません。
韓国を理解しようと努力していた日本人ほど落胆し怒りを感じていますからね。
だから、この記事も、後で読ませて頂きます。
この連載について
プロピッカーなど各分野の有識者が日々ウオッチしている専門分野の「2019年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、働き方など、各カテゴリーで2019年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。