新着Pick
304Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
水を差すようですが、特許成立の過程で請求範囲をかなり限定されており(※原文は下にリンク)、同社とピッタリ同じことをしないかぎり回避が可能な内容に見受けられるので、この特許ひとつだけ保有していてもビジネス上それほど強力な武器にならないと思います。全く同じことをやろうとする他者を排除することはできますが、そもそも全く同じことをやる後発はいませんから、脅威となるのは類似の技術で攻めてくる業態の店であって、本気でやるなら他者が改良&真似してきそうな周辺技術も抑えるくらいの勢いでいかないと。
この内容だと同じオペレーションで「突然!とんかつ」とか「強襲!焼き魚」とかやる店が出てきても多分抑えられないのではと思います。(実際のところ、量り売りに向く食材はそんなに無いとは思いますが。あとネーミングには触れないでください)

本件は別にしても、スタートアップ企業の考案する新しいシステムが特許化されるのは競争の促進となり市場全体にはメリットがあると思いますが、一方で出願する方は何のためにその特許を出すのか、よく検討された方が良いと思います。特許は、技術の独占(=他者の排除)の権利を与える制度ですが、その前提は「他者が再現できる形で技術を公開すること」です。
公開することがマイナスになるケースも当然あります。

本件については特許を通すこと自体が目的のように見えます。今後の動向にも注目したく。
いきなり本気だしてくるかもしれない。いきなり!周辺特許大量出願とか。いきなり!サブマリン特許とか。あるかもしれません。
無いか。

※原文
https://patents.google.com/patent/JP5946491B2/ja
アンダーライン部分が、異議を受けて限定した部分です(いっぱい書いてあると凄そうに見えますが、細かい条件を書けば書くほど技術として独占できる範囲が狭まって存在感がなくなります)

などと刺々しく書きましたが、お店には良く行ってるので、知財戦略も店舗営業もぜひ頑張ってほしいです。
プラチナ会員より。
スタートアップも知財を活用しようぜ!には賛成。
いきなりステーキみたいな面白いクレームで権利を取得できることもあるしさ!というのは、権利化された請求項を読むと、ちょっと疑問。

店舗のオペレーションを権利化する、という切り口は面白い(僕なら思いつかない)ものの、例えば、このクレームだと、立食形式じゃなくて着席形式の店舗っていうだけで、この特許の権利範囲からは外れてしまうから、競合が実施できてしまうことになる。

おそらく、いきなりステーキのこのケースの場合は、この知財で競合他社の実施を牽制したいわけではなくて、「こういう面白いオペレーションをやっていますよ。どれくらい面白いかって?特許取れるくらいだよ!(詳細はお客様には言わないけれど)」と宣伝したいがための特許なんだろうな。

そもそも、世の中一般的に、「特許が取れること=すごいこと」みたいな認識にになっているという前提で、成り立つ宣伝ですね。
すごい、これは「ここ特許取れるんじゃない?」って言えるようなプレーヤーはスタートアップで探すのむずいなぁ。。。。
クソ特許
有用性はおいといて、特許を取った行為自体はいいなと。