新着Pick
155Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
社内のコミュニケーション活性化は、規模や業界を問わず普遍的な経営テーマだと思います。
特に最近の若手は、SNSの普及により外部コミュニティとのカジュアルな接点が取りやすくなった分、社内でのコミュニケーションは放って置くと希薄化になりがちです。また雇用形態の多様化やダイバシティー推進によって様々な価値観をもつ人が増えており、ひとつの施策で全員に対して満遍なく効くような施策もなくなりつつあります。
だからこそ、様々な形で社内でのコミュニケーションを増やしていくような「場」や「仕組み」をつくっていく必要があります。

当社の場合、社内に無料でお酒が飲める社内BAR「ajito」や、バリスタさんがコーヒーを淹れてくれる社内カフェ「Garden」、そして喫煙者のための「タバコ部屋」といったリアルな『場』を社内に設けることで横やナナメのコミュニケーションのきっかけをつくるようにしています。他にも社内サークルや歓迎ランチなど、様々なきっかけを用意しています。

ただこれらのはあくまでも補助的なものであり、本質的にはしっかりと業務時間内において1on1で上長としっかりと目標設定やフィードバックを行っていくこと、定期的に社内にアンケートをとって定点観測をしていくことなど業務上でのコミュニケーションの密度と頻度を高めていくのが大前提です。これらはどうしても密室でのコミュニケーションなので経営者としても把握は難しいのですが、、、
京大も昔は地下にバーがあったんですよね。

アングラなコミュニケーションしか活性化してませんでしたが笑
宇佐美さんはすごくいい兄ちゃん!って感じで好きな先輩経営者です。社内コミュニケーションは当社では社内だけで聞ける、Voicy内のクローズド音声放送(法人にだけ有料提供中)を使っています。社内コミュニケーションの活性化、共通言語を作るのはすごい効果あります。
職場にバーがあるからコミュニケーションが活発になるのではなく、コミュニケーションが活発だから職場にバーが出来たり、使われたりするのだと思う。ハコモノ作って使われない「バー」及びその変種を幾つ見たことか。
社内のコミュニケーション、特に仕事に関する雑談は、とても重要ですよね。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。