新着Pick
1143Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
プラットフォーム最強説からコンテンツ最強説に。そりゃ結局蓋を開ければコンテンツがあるからプラットフォームが成立するわけですから今後はこうした逆行が起きそうですね。もはや強いコンテンツはプラットフォームに依存しないもんね。前澤さんの1億円お年玉も同様。プラットフォームは生き方を考えないときついかも。それくらい成熟モードなのか、はたまた営利企業ではなく社会的サービスとして生きるか。プラットフォームはそれを成立させることが大切かもしれない。
Netflixは目的買いされるから、問題ない。
そうでないアプリは、まだまだiTuens storeから離れられない。

「 Netflix(ネットフリックス)が全世界でiOSアプリからiTunes課金を排除することを決めました。Appleに売上の15%を徴収されてしまうのを嫌ったもの。昨年から一部市場で試験利用は行なっていたのですが、結果に気をよくし、全面採用に踏み切った」。
 これからは新規登録時にサイトに遷移して、そちらで直接支払うかたちになります。」
テレビのリモコンに最近Netflixボタンが搭載されているし、Amazonプライムのリモコンからも選択出来るし、この規模になってしまったら、Apple税を払い、送客をして貰う必要も無い。アパホテルの「アパ直」がOTA経由よりも強くなるのにも似てるか。Netflixが最早一大プラットフォーム。
これくらいの規模になったらそうするわな。
まあ、アップル自身も租税を回避しているわけで、、、、サンドイッチだのなんだのという珍妙なテクを使って。大きくて力のあるところが税金を回避するという構造は同じですよね。

アップルが整備したプラットホーム(iPhone, iTunes)の上で儲けてるならアップルに税金を払うのが筋だし

国が整備したプラットホーム(法体系、経済システム、社会インフラ)の上で儲けてるなら国に税金を投を払うのが筋だと思う。
サブスクリプション系にもアプリ内課金がかかるのは、雑誌の定期購読などがベースになってるかななのかなー。

データのダウンロードが必要な書籍や、単発のアプリならともかく、自前のサーバーから配信しているサブスクリプション系は課金される根拠が乏しいし。課金さえなんとかなればストアに毎月手数料を払う必要はないかも。
新規ユーザーはそれで良い。短期的な視点では、既存ユーザーの課金変更は思うように進まないと思います。主にNetflix側の都合なので、ユーザーが定期購入の変更をする理由が弱く、変更するのも面倒くさい。
ユーザーに通知やメールで支払い方法の変更をお願いするのも有りだけど、良い反応を得られるだろうか。
機種変更後などの理由でアプリ再ダウンロード後、ログインした時に定期購入解約、Web経由での支払い登録を促す感じになるのかな。

android版は公式でapkを配布しているので、iOSよりはWeb登録してもらいやすい。但し、外部apk版のアップデートは、アンインストール後に再度ダウンロード、インストールが必要。Web登録が基本となれば、Google Playと同様に差分アップデートも可能になるでしょう。
プラットフォームとコンテンツのバランスが変わってきましたね。逆にコンテンツを誘致しなくてはいけなくなるプラットフォームも出てきますね
アプリ内課金の15%(昔は30%)は、本当に暴利だなと昔から感じていましたアプリの内容にも寄りますが、ゲームガチャのように実質制作に掛かる人件費だけのものであればともかく、映像配信の場合、自社作品であれば製作費、版権払っている作品であればRevene shareなどが必要になる物もありますので、当然ですが、アプリ内課金からは離れたいでしょうし、アプリの構造的にも十分可能です。むしろ、今までアプリ課金をやっていたことにびっくりしました、(じぶんはアプリでは使っていません)
フォートナイトに続いてNetflixも、Apple Storeをバイパス。これによって277億円の利益増。本当に強いコンテンツはプラットフォームより力を持ってきた!
Netflix(ネットフリックス、ナスダック: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数は世界で1億2500万人。 ウィキペディア
時価総額
14.4 兆円

業績

アップル(英語: Apple Inc.)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く、インターネット関連製品、デジタル家庭電化製品および同製品に関連するソフトウェア製品を開発、販売する多国籍企業である。2007年1月9日に、アップルコンピュータ(Apple Computer, Inc.)から改称した。アメリカ合衆国の主要なIT企業である。 ウィキペディア
時価総額
128 兆円

業績