【迫真】グーグル元社員が打ち上げた、無許可の「人工衛星」の大騒動

2019/1/10
歴史的な「大事件」
2017年10月、宇宙ベンチャーのスワーム・テクノロジーズ創業者のサラ・スパンジェロは、文字どおりシリコンバレーの上空を飛んでいた。
彼女が操縦する小さな飛行機に乗っていたのは、グーグルで自動運転サービスを開発しているウェイモ(Waymo)のジョン・クラフシクCEOたちだ。
飛行機は、テスラが電気自動車を生産している工場の上も通りすぎた。「ただいまライバル企業の偵察していました」と、スパンジェロはフェイスブックで冗談を飛ばしたりした。