新着Pick
794Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
「医大でも研修でも、われわれは“はい”か“いいえ”の質問で患者を誘導してはならないと繰り返し教えられます。こうした訊き方は誤った方向に進みがちで、誤診を招くからです。望ましいのは『あなたが感じている痛みについて詳しく教えてください』といった、オープンエンド型の質問です」

ここがまさにAIが最初につまづくところでしょう。私たち医師のテクニックの中では基本中の基本で、このようなオープンエンド型の質問に対する答えから情報を回収し、それを医療用語に翻訳していく作業をします。そうすることで真実に近づける可能性がぐっと高くなるのです。

病気の診断に重要なのは患者さんの問診と身体診察で、これが診断の7-8割に寄与します。現代の皆様のイメージでは、検査が8割と思われるかもしれませんが、実は全く逆です。だからこそ、この「問診」の部分での間違いは許されないことが多く、この部分でのAIの利用は現時点ではより慎重になる必要があります。

しかし、将来的にAIがこの障壁を乗り越えれば、非常に大きな助けとなるかもしれません。そういったpotentialのある領域でもあります。
アマゾンの音声AI「アレクサ」を搭載した端末が、ついに世界で1億台を突破したというニュースが流れました。そんなアレクサ向けに、病気になってしまった人の「診断アプリ」がたくさん生まれているのですが、それをQuartzが徹底検証した長文レポートです。読むのに10分くらいかかります。

日本よりずっと医療費が高いアメリカにおいて、手軽に診断をしてくれるサービスは、大きなポテンシャルをもっています。記事後半にある「声色」から、ユーザーの体調を推し量ってくれるといったサービスも、すでに特許なども出されており、これからリアルな世界に登場しそうです。

一方で、このレポートにもあるとおり玉石混交の「ヤブ医者アプリ」もたくさん出回っているのが実情です。それでもアレクサが誕生して6年、そのアプリの数は医療ヘルスケアだけで1000を超えており、近い未来にかならず「イノベーション」が起きるのは間違いなさそうです。

ちなみにアマゾンは、1.8兆円で買収したホールフーズで、ドラッグストアや医療品の販売もスタートさせています。アレクサが体調を理解して、頭痛薬を届けてくれる日も近いかもしれません。

*本日も原文(英語)ついてます!
アマゾンのAlexaは名医になろうとしているのではなく、現段階では「ヘルス&フィットネス」カテゴリーでのアドバイスが目的です。この関連のスキルは915あるようですが、それをQuartzが徹底検証。その結果をレポートしたものです。

まともな回答が返ってきたスキルはほとんどない。インフルエンザにかかったかどうかを知る方法が最も正解が多かったが、それでも16件中7件だった。喉が痛む原因、手の火傷を治す方法、走ったあと膝が痛む理由は、16件中1件の正解しかない。

医者にAlexaスキルの精度について判定してもらったところ「個人的にはどの回答にも感心できません。これがシリコンバレーの実力ならば、われわれ医師がロボットに仕事を奪われるまでに、まだまだ長い時間がかかるでしょう」というコメント。

医療分野で音声アシスタントに頼り切るのは、まだ早い。現在は初期段階、これからの進化が楽しみです。
現実の難しさと未来を感じる。

現実としては、そもそも規約違反のアプリが多いこともだし、またこういったUXでどれだけ使われているのだろうと思う(Alexaが売れているという報道がある中で、自分がAlexaが生活に浸透すると思えていない理由)。あとは、待ち時間や人間に質問されることはある程度許容できるが、対機械だと待ち時間がなくても許容度が低くなるのも現実だと思う。

未来としては、人間との違いをある程度言語化できるものについては、個人的には楽観。検索は進化してきたが、それは検索エンジンの進化もあれば、人間が検索エンジンを使い慣れたというのもあろう。
おなじように、どういう質問の仕方をしていくか、どういう答え方をしていくかも、機械・人間ともに進化していくと思う。むしろ運用が重要で、特に医療領域については一般に使用できる前に専門家による審査が必要だと感じた。機械が色々代替していくというのもあるだろうが、代替前に審査をするといった業務領域は増えていきそう。それを判断するためにも、実務経験は重要。
全く新しいインターフェイスが出てきたとき、人はどうしても既存のインターフェイスと比較してその完成度や使いやすさで比較しがちですが、それをすると、「全然だめor危険」になりやすいです。これから進化してより安全で使いやすくなった時にどれくらい可能性を秘めてるかで考えると本質が見えてくると思います。

アメリカではもう音声の時代が来ると言われてますが、日本でも音声が人の生活を大きく帰る時が来ます!我々はそこの生活を全部変えるインフラをゼロから構築しています。面白い世界を作りますよ!ちなみに絶賛採用強化中です笑
映像があればすぐに説明できることを音声による質問とその回答だけでAIで判断しようとしているところに、とてつもない無駄がある。スマートスピーカーに解決させるのには相応しくないことも沢山ある。それをしっかりと認識すべき。スマホで良いでしょ?音声による回答と映像による診断を組み合わせた方が速くて正確。もちろんAlexaはスマホでも使えるので、スマートスピーカーで診断することにこだわるべきでは無いと言うだけ。
記事についてる数字が結構示唆的です。

2013年にピュー研究所が行った調査では、アメリカ国民の約3分の1が、少なくとも一度はインターネット上で自己診断を試みたことがあると答えている。
世界全体では、2016年にグーグルで検索された語句の1%が健康絡みだった。
小さい子供や、ワンコ、離れた両親とあったら役に立つシーンがたくさん思い浮かびます。
診断の正確性を求めるには、難しさが残っていると感じます。
薬の管理や、体調の経過管理をするのには、アレクサが良きパートナーになってくれる可能性は高いと感じます。

アレクサのスキル特集は、かなりバリエーション増えているんですね。。
家のアレクサでも実験してみよう!
ネット上に不正確な情報が溢れている現状。音声の世界でもまあ変わらない、ということですよね。メイヨーが出してるアプリ(スキル)がインフルエンザにすらまともに応答できないのは驚きですが…

質問に答えるような類のものはエキスパートシステム的なデータベース参照型にならざるを得ない現状からすると、期待が持てるのは記事中でも指摘がありましたが、普段との声色の違いを見分けるとか、異常検知系でしょうか。これならディープラーニング的なものが生きてきそうです。

いずれにせよ、ユーザーが不利益を受けないような仕組みにしないと…
この連載について
世界中のビジネスやテクノロジーの最前線を、Quartzによる深掘りレポートを通してまるごと紹介する特別企画。未来を見通すための多くのヒントに加えて、特集とリンクした原文(英語)を読むことで、英語も学べる新デザインで掲載。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
101 兆円

業績