新着Pick
200Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年インタビューした著名な投資家は「本質的な健康経営を実践すれば100%株価は上がる」と断言されていました。

健康経営はすぐに結果がでる施策ではないですが、行動変容を促せる取組みを継続することで社員の健康課題が改善し、パフォーマンス低下要因を減らしていけます。

この会社で働いていたらいつの間にか健康になっていた。という環境を目指しています。

そのような取組み設計に向けて大切な考え方や2019年のヘルスケア産業の予測を記述しました。
働き方改革や健康業界に関心ある方からのコメントやご連絡をいただけましたら幸いです。
我々も2019年は大きく動き出します。
そして、自分達のスタイルで、健康革命を起こしたいと思います。

ビジョンである「人類の心身の健康を進化させる」そのために!
自分自身はかなり健康志向ですが、省庁や企業から強く健康を勧められることに対する違和感もあります。
身体と精神は切り離せないので、「健康」は個人の価値観に立脚するのではないかと。「幸福」のように。
「健康ハラスメント」でストレスを感じる人もいそうで、ややこしいですね笑
健康マニア的に様々な健康行動を自ら実践しながらも、多くの方に健康になってもらう、日常生活や職場で実践してもうにはどうしたらよいかというバランス感覚も非常に優れた平井さんの記事。勉強になります。

健康経営は政府が旗を振っている施策ではありますが、時流を捉えてうまく広まって来ているように思えます。平井さんのようなインフルエンサーが現れたことも大きいですね。

正しい理解が浸透するか(一番の懸念は健康格差、差別につながること)、正しい評価軸が確立できるか、リソースに劣る中小企業や個人事業主をいかにカバーできるか、と、残る課題も色々ありますが、さらなる広がりに期待したいです。
このエリアは将来伸びることは確実なんでしょうが、業界の一番の課題はどこが売上の源泉になるのか、ではないでしょうか。

医療費は削減傾向、個人もこの領域に支出を増やす意識が高い人は少ないと思います。

どこかのタイミングで社会的な経済性を考えた支出を政府系が行うのか、福利厚生として企業が投資をするのか。

メンタルヘルス、EAPが謳われ始めた2000年前後にEAPプログラム開発に関わって苦労したことを思い出しました。
去年はオイラ大地の三浦さんらが主催している「人事ごった煮会」の健康経営をテーマとする会で、平井さんと一緒に登壇させていただきました。

これからは平井さんのような一般の方が攻めの健康経営、我々のような産業保健専門職が守りの健康経営をそれぞれ遂行していくことが理想かなと改めて考えさせられた機会でした。

組織にとっても個人にとっても、多くの場合は健康って目的じゃなくて手段なんですよね。

健康や治療を目的に活動してきた臨床あがりの産業保健専門職には、そのレバーを切り替えるのに苦労される方も多いです。

引き続き、今年も健康経営推進の一助となれるよう頑張っていきたいと思います。
健康に関しは:
1)企業がやるべき事は促進であり
2)抑制ではないという事

企業目線からマネージ目線でなく、あくまでも社員目線が大事。
実際に「社員が健康でない」ということが企業にとって大きな損失になることはどの企業にも共通します。健康診断と同様、企業文化にあまり依存しないので、プラットフォームとしてのサービスが生まれるチャンスではないでしょうか。
2018年、人事ごった煮会でも平井さんにお世話になり、健康経営をテーマに会を開催しました。今後、企業が取得している健康データをはじめ、勤怠や評価等、元々個人のものであったデータは、多くの企業で所属する個人に還元され、新たな価値が見出されていきますね。企業だけが活用を考えるのではなく、共創できるか。
インセンティブを与えて意識的に行動変容させるか、無意識に行動変容させるか。前者は意外と難しい気がするんだよなー。人間は基本怠惰だから。。。
この連載について
プロピッカーなど各分野の有識者が日々ウオッチしている専門分野の「2019年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、働き方など、各カテゴリーで2019年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。