新着Pick
500Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ピッカーの松田さんの記事で、個人的にはとても共感する論考。

衣料と百貨店については、下記のPick群で色々コメントしてきた。
百貨店は、そもそもはモノが十分に買えない・流通しない時期に「百貨」あることから憧れの場所であったし、それらを組み合わせたトレンド発信の場でもあった(①)。
憧れであったからこそ、百貨店が在庫リスクを背負わない形(消化仕入れ)や店員をメーカーに派遣させることも成立していた(②)。
でも憧れの場所だったが、本記事でも指摘があるような需要を取り込むためにブランドを犠牲にするような施策もあり、憧れの場所ではなくなった。またそれと鶏と卵ではあるが若い世代も取り込めていない。それは③で湯山氏が指摘されている「偏り」がなくなったことでもあると思う。

メーカーから流通に価格交渉力が移り、そして移った後に裾野の拡大と値上げ。一方でそれにより偏りがなくなり、価格交渉力をもったメーカーが再度コントロールをかけたり自社で店舗をもったりするのは、過去の流れ(④)。
特に、Amazonはメーカーに対して様々な機能(物流管理など)で売っているし、ユーザーもブランドを求めてはいない一方で、ZOZOは「ZOZOだとECでも売れる」というのが使う理由の一つではあったと思う。そのなかで単価動向含めて偏り・ブランドが弱くなっている転換点のようにみえる。またPBなどメーカー側の怒りを買う企業動向もあるなかで、正念場のように思う。

https://newspicks.com/news/1326441
https://newspicks.com/news/1772744
https://newspicks.com/news/2414505
https://newspicks.com/news/2725346
客観的な分析は面白い。

ZOZOの目立ち方に関して、賛否両論、好き嫌いは個人の自由ですからいいでしょう。

ただ「ZOZOの凋落」とか過度にネガティブな話をするのはどうかと思います。特に恩恵を受けた業界の人が文句を言うのはお門違い。

だから百貨店の凋落と比較した分析は客観的で面白い。

批判や逆風をものともしない前澤氏が率いるZOZOの常識にとらわれない展開を楽しみにしましょう。

百貨店、そしてZOZOに大きく依存したアパレル企業それぞれの動きも興味津々です。
飛ばし飛ばしで読みました。

フォーカスがズレるといけないので注釈的に書きますが、ZOZOが面白かったのはサイズの標準化をグローバル視点でやったって事でしたよね。確かに初期のラインナップは中価格帯に注目が集まっていましたが、本質は「ZOZOで買えばサイズを間違わない」というアパレルECのウィークポイントを見事に穿った事です。

ステータスとかブランド価値という言葉で表されてるのは商品の外側にある付加価値という事ですから、ZOZOにおける付加価値とはまさに上記の事ですし、百貨店においてZOZOと同質の付加価値は内在的にはあったにせよ、ロジスティクスの高度細分化や場所性の抽象化というネット時代のパッシブな逆付加価値みたいなものに相殺されて失われたと言っても間違いではないでしょう。

僕はZOZOの今後についてあまり悲観的ではないのですが、なぜかと言えばファッションという新陳代謝の活発な業界だからということがあります。EC含めネットサービスはどれだけでかいパイを食えるかどうかが勝負なところがありますが、パイ自体の新陳代謝が活発だと、それだけでフローが回るからです。Amazonが本屋からネットスーパー化していった背景にはそういう新陳代謝の活発なパイ(例えば食品や日用雑貨)を食いにいったという事があると思うのです。

【追記】
グローバルってのは「包括的」ってニュアンスで書いてましたが、正直ZOZOのラインナップでアメリカ製のブランドがあったかまでは知らないのでご容赦。うろ覚えです(眉唾で読んで下さい)が、日本人に合わないものはそうした標準化プロセスでオミットされてたとかどっかのテレビの特集(多分WBSあたり)で見聞きした記憶があります。

というか正直中の人がひょっこりしてるので、恐れ多くて知ったかぶりができません。HAHAHA
楽天BRAND AVENUEはどんな感じなんだろう。
株式会社スタートトゥデイは、アパレルのオンラインショッピングサイト、ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営する日本の企業である。 ウィキペディア
時価総額
5,822 億円

業績