新着Pick
338Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会問題、社会課題と言われるテーマとビジネスの距離感について、2019年の予測として書かせてもらいました。僕はこの接続点は「問題の背景にある社会の構造的理解の有無」だと思っています。これまでは企業の利益を起点にした論理が中心にありすぎた。社会の構造の理解に紐付いて個人はどうあるべきか、企業はどうあるべきかを考える能力が極めて重要。

もう少し長い目で言えば、社会的な意義の方に経済的な価値が寄って行くようなシステム設計がなされていくでしょう。その意味でも、ビジネスマンの人に、義務感だけではなくサバイバルスキルとして社会問題を構造的に理解してもらえるようになりたい。

〉〉追記

amanoさん、ご指摘ありがとうございます。なぜか編集の過程で段落が消されてますね。元々は6つ目の「構造化スキルを磨け」の箇所、2段落目と3段落目の間にこのような一段落がありました。

「例えば、これまでに取り上げたテーマに「出所者の社会復帰」( https://journal.ridilover.jp/topics/19 )という特集がある。同特集では、満期出所の場合は2人に1人が5年以内に再犯するというデータを紹介した。」
まず、市場取引で解決を目指すのが「ビジネスセクター」。市場取引以外の取り組みも含めて解決を目指すのが「ソーシャルセクター」となります。
ビジネスセクターが社会課題に関心を持ち始めている背景に、政策・制度への関心があります。産業を大きくひっくり返すためには、既存市場だけでは限界があって、制度変更も含めた市場創出が必要になるからです。
ただし、制度変更のためには、公益の理解が必要になるため、ソーシャルセクターへの関心が高まっているのです。なお、こうした事業戦略のことを「非市場戦略」「制度戦略」と呼び、入山章栄さんや琴坂将広さんが関心を持っています。
今後は、市場と非市場の両面を理解して社会課題解決を目指すのが、ニューエリートになると考えます。
そもそも事業は社会・生活者の課題を資本主義の仕組みで解決していくプロジェクトであり、社会性の上に成り立っているものです。インターネットで全てが繋がっていくことで、これまでビジネスを通じて解決していくことのできる領域が広がってきており、また、一社ではカバーできない全体としてのソリューションやイノベーションについてもオープンイノベーション、共創を通じて実現可能になっています。この新しいパラダイムにおいては、『会社人』は『社会人』となって社会とどのように価値交換をして生きていくのかという意識を持っていく必要があります。新しいビジネスの領域がそのような『社会人』によって切り開かれていく事例も既に出てきていますし、経営者も個社を超えて、視座を高め、オープンな繋がりと全体としてのソリューション、ビジネスモデルの形成を構想し、それぞれの課題解決のプロジェクトのために必要なリソースを集めて、マネジメントを行っていくということになると思います。個社を超えて社会に雇われる『経営者3.0』の時代ですね。
社会課題の構造化は、アカデミアの仕事でもあります。アカデミア、ビジネスセクター、政府・官僚、ノンプロフィットで相互に人材が行き来する社会になればよいな、と思います。
調査報道のジャーナルも始めたとは知りませんでした。

PS ちなみに、この段落の前、何か抜けてませんかね?
「これは、刑務所という更生施設が機能していないことを意味する。しかし、それだけを指摘してしまうと、どうしても従来のメディアと同様、刑務所を管轄する法務省批判に終始してしまう。」
安部さんの記事。

「社会的意義」か、「経済的利益」か。
これは本当に悩みだ。

僕は10年ほどスタートアップの世界にいるがこれは永遠のテーマである。

そもそも経済的利益(社会的意義の感謝の対価がお金なら)は起こらなければおかしいと思うし、利益改善が出来ない若いチームがスタートアップには多かったというのもある。

10年前にシリコンバレーで感じた「大きい課題にこそ大きな投資が集まるし、結果利益も出る」というのをやっとこの1年くらいで日本でも感じるようになりました。

これはスタートアップ市場が成熟してきてシリアルアントレプレナーがエンジェルに回った、そして経営にもシニアが参画するようになったことがあります。

社会的意義とその課題解決にこれまで以上に関心とお金が良いなと年始に思う記事でした。

みなさんはいかがですか?
CSR,CSV,ソーシャルビジネスなどの言葉は出てきていますが、根本にもっておきたいのは、個人の「社会課題を自分の体験をもって言語化すること」だと考えています。

メディアで語られている、社会課題を表面的に捉えるだけでは見えてこないものが多い。

・課題を抱えている当事者と出会う
・出会う中で根本的な課題を考える
といった経験を通じて、社会課題に当事者意識をもつ人が増えると、より持続性のある取り組みが生まれてくるのだと思います。
この大予測を前提としていうならば、企業のセクターにいる人たちの中でもどんどんソーシャルなセクターに関わろうとする人が増えるのではとも思う。
日常の業務の中で社会課題に接し解決していく事業に関わる人はきっと増えるけど、そうでない人もまだまだたくさんいる。

複雑化した社会課題の解決のために、さまざまな情報を構造化していくことが、結果的にビジネスマンとして、社会人としてのスキルアップにつながっていると気づいている人はとっても増えてる感覚があります。
とはいえ週5たくさんメインフィールドで働いてる人が、隙間時間で別セクターで活動するのはなかなかしんどいので、日々の仕事の延長でソーシャルなセクターと関わったりできると理想なのかもですね。そこで副業OKの制度もうまく利用したりとかも。
(そんな人がいたらうちも個人的に嬉しい笑 力不足な私は今年はいろんな人たちのお知恵をさらに拝借しながら活動したいし)

そうこうしながらどんどんビジネス/ソーシャルの境目が溶けていくのかなあと想像しています。
まさに社会課題解決のフロントランナーの安部くんの記事。とにかく多くの現場を持っていることが彼の強み。この現場への誘導力も。
「未来の教室」のオーナーの経産省が毎年やっているイノベーター育成プログラムがあって、去年それに120人程度の仲間と参加していました。一人一つ新規事業を提案するのですが、メンターの「社会貢献的な事業が(例年より)多い」「その様な事業は大抵上手くいかない」という発言を良く覚えています。

上手くいかない理由の一つに社会貢献をネタにビジネスをすると、儲かり始めた途端に「結局金目当てか」と愛想を尽かされるという考え方があります。投資家からもありえないレベルのコストカットを当たり前のように求められるとも。

記事で「主体性」「課題設定能力」「合意形成能力」の3本柱を紹介されていますが、特に3つ目の「合意形成能力」が最重要で、これを充分に身につけることで、ステークホルダーの関係性を最適化することが出来て、社会貢献的新規事業は格段に成功率を高めるのだと思います。それを実現できるニューエリートが生まれる日本の今後が楽しみだし、自分自身がニューエリートになりたいと改めて感じます。
社会課題解決の効果測定をしようとすると、どうしても評価軸が多様になる。ビジネスセクターが社会課題解決に取り組もうとしたときに、非金銭的な価値、リターンをいかにステークホルダーが評価し、インセンティブを与えられるか。

これを既存の資本主義、金融資本市場の枠組みの中に取り込もうとするのがESG投資のような動き。既存のお金を中心とした枠組みとは全く違った仕組みを作ってしまおうとするのがトークンエコノミーのような動きなのかな、と見ています。

いずれにしても、エコシステム全体を視野に入れた議論も活発化させていかないといけない時期に来ているように感じます。
この連載について
プロピッカーなど各分野の有識者が日々ウオッチしている専門分野の「2019年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、働き方など、各カテゴリーで2019年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。