新着Pick

コンビニは失われた20年の象徴? 低賃金が支える「社会インフラ」は適正か

弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
5Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まずは、記事が感情に訴えかけたい論調なので、論点が曖昧なので、記事の整理から。

前提:
2019年に中央労働委員会から、セブンとファミマに加盟店との団体交渉に応じるべきと判断が出る可能性がある

団体交渉で交渉する項目
①オーナーの過酷な労働条件の改善
②コンビニ会計の改善(廃棄金額などををロイヤリティの分配に含めるか否か)
③仕入れ金額の明細の開示
④FCの法的保護の強化
⑤社会の変化に対応した、加盟店支援策の実行

交渉で得たい結果:
①利益分配をオーナー側に増やす
②オーナーの店舗運営における裁量の拡大

思うこと:
①万を超える加盟店を、チェーンとしてまとめるためには、ある程度のルールや基準が必要。その線引きをどこで行うのか。
②40年間適法として行ってきたコンビニ会計を変えるのは難しいのでは。
③加盟店支援策は、本部収益を減らすと、既存店設備投資、IT設備投資、広告費などが相対的に減る可能性が高い。そのバランスをどうするのか。
④全体的に論点をまとめる必要はあるかなと。記事のせいかも知れませんが。
株式会社ファミリーマート (英: FamilyMart Co.,Ltd.)は、日本のコンビニエンスストア (CVS) フランチャイザーである。東証1部に上場されている大手総合商社、伊藤忠商事の子会社。 ウィキペディア

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
4.04 兆円

業績