新着Pick
484Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
2019年もシリコンバレーから新しい技術や、サービスの変化がたくさん見られそうです。サンフランシスコでもサービスが計画されているものがあるのでこれは楽しみです。

自動配送は安全性だけでなく、受け取る人とうまく会えるのかどうか?Waymoが無人タクシーで走り始めてすぐに、住民が車を襲撃したというニュースもでてきました。起きてくる問題をどう解決していくかというところも注目です。

この時期には2019年を占うテックトレンドレポートが各所から出てきます。ひとつ気がついたのは、これまでのように猫も杓子も「今年はAI」という分析ではなかったことです。すべての分野に「AI」がメインストリームとして入ってきている段階なのだと感じています。

今年もシリコンバレーの最新事情、空気感がわかる情報を発信していけたらと思っています、よろしくお願い致します!
シリコンバレーはいわばテクノロジー至上主義の世界。テクノロジーの活用において、ますます倫理観や美意識が問われるようになっていくように感じます。Softbank Vision Fundの件やFacebookの件しかり。それだけテクノロジーがパワーを持つようになったということの裏返しでしょうけれど。

どんな技術要素(cf. AI, IoT, 5G)が、どんな産業や機能に対して活用され、結果として社会にどんな変革が起きるのか?新しい潮流は、その3つの観点で見るようにしています。

個人的には無人運転や無人店舗に注目。技術要素そのものはとんでもなく新しいわけではないのかもしれないけれど、学習を重ねていく中で、ユーザーの生活に深く浸透していって、他にまねできない技術資産を蓄積していくか、注目したいですね。
どれもインターネットの外のテクノロジー。インターネットだけに閉じたサービスでのイノベーションは難しい時代に。生活者の課題を解決するために、手段の一つとしてインターネットがあるということなんだろうな。
2019年のトレンドの中の「ボイスオーダー」「無人タクシー」「自動運転宅配」「無人店舗」の4つに必要な決済は何か。それは現金ではなく、キャッシュレス決済手段。そんなことを考えながらこのレポートを読みました。

2019年、ますますキャッシュレスニーズが高まりそうです。そこで使われる決済手段は何か。顧客動線を考えながら、利用プロセスのチェックアウトに決済を組み込む必要があります。

どんなキャッシュレス決済が登場するか、楽しみな2019年です。
「Amazon Go」の一歩先は「Amazon Come」?

店舗に買いに行かなくても、オンラインで注文しなくても、自動的に届く。

もっと進んで、気がついたら欲しいものがそこにある。感覚的には「Amazon Here」かもしれませんね。

そんなことも技術的には可能です。Amazonに限らず、先進的なサービスが姿を現しますね。
無人宅配を実証実験できる特区が、国内でももっと増えてくれたらなとは思います。都市型・郊外型で解決すべき課題も異なってくるので、それぞれで試したいところです。
ここから本当に普及するまでにどれくらい時間がかかるのかが一番気になるところです。普及もアメリカで始まって、日本含めた他国に来るまでの時差もある。

Uberの例を出すまでもなく、規制整備のスピード感が国家間競争での新テクノロジーの取り込みに大きく影響しますよね。
有望なサービスを広く浅く紹介頂いているので、おさらいに良い内容になっています。

なんとなくですが、どのサービスもリアルとデジタルをつなぐ部分に注力している様子が伺えます。人がスマホやPCを使って便利なサービスをオーダーした時に、インターネットでサービスを受けるのは当たり前で、そのインターネットだった部分が少しずつリアルに侵食している感じです。
主要なテクノロジーの変化についてまとまっているので、自分の業界に与える影響を整理するのに活用できる。
「情報の保護」と「技術の進歩」の折り合いをつけるという難題に挑みながらデータの活用はさらに進むことになる。(文中より引用)

これに尽きる。

「技術の進歩」は攻め、「情報の保護」は守り。
どちらがより大事かと言えば、攻めの「技術」。
この点に迷いがあってはいけない。

それ無くしては、新しい人類の未来を切り開くことが
出来ないという事実を忘れてはいけない。
この連載について
プロピッカーなど各分野の有識者が日々ウオッチしている専門分野の「2019年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、働き方など、各カテゴリーで2019年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。