新着Pick
230Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
書きました。

違和感覚えるけれども、理由をうまく言葉にできない、とおっしゃる方が多いことから、このケースはジェンダー炎上上級編だと思います。

詳しくは記事に書きましたが、表現があぶり出す「女性活躍」や「女性差別」に対する認識の違いが興味深い。

根っこには「女性は差別されている」と思うかどうかの違いがあり、多くの場合、経験に照らして考えますから、同じ性別でも考えが違います。

この話をすると、必ず「男だって生きづらい」という反論が出てくるので、その件は、12年ほど前に書いてます、ということで記事リンクを最後に貼っています。

あえて、このような議論になることを狙って作ったのなら、なかなかすごいなと思うけれど、何度見ても後味が悪い。

ちなみに、ネタにマジレスになりますが、動画で描かれる状況――パイをぶつけられる、四方八方から、無抵抗なのに、という状況は「女性に対する暴力」です。その対策は「女性活躍」ではなくて、DV防止法とか警察の生活安全課に求められるんですね。女性政策は2本柱があって、暴力と活躍は色合い違うし、行政の審議会も別立てだったりします。

そんなこと知らん、と言われるはずで、そこは行政の広報活動に工夫の余地があるのかもしれません。私も責任の一端を感じます。
元日の広告ということで、広告炎上ウォッチャーとしては休みを返上してピックさせていただきます。

ネットなどで元日から話題になっている西武そごうの広告。話題になったという点ではプラスですが、記事に書かれている通り企業発信としては「マイナス」になっているところが残念です。元日の広告スペースは高いのに・・・

なぜお金をかけてもマイナスになってしまうのか?

女性の問題は古くて新しく未だ解決できない問題です。「男も女もない。私は私」と言い切ってしまうことは、現状追認のまま「自己責任で解決せよ」と突き放したように見える。企業の発信、それもグローバルにも展開する企業の企業の発信としては世界の潮流に遅れすぎている。

年末に電通ホールであった「ジェンダーとコミュニケーション会議」では、ジェンダー問題にセンシティブなだけでなく、現状を少しでも変えようと前向きに発信する企業が「好感度をあげ、売り上げも上がる」ことが確認されました。

前にも描いたことがありますが、現状を肯定したまま女性を応援する姿勢そのものが、今や炎上の対象になるということです。だからこそ、女性をターゲットとする企業(オムツ、生理用品、ファッションビルなど)の広告が炎上しやすいのです。

止める人がクリエイター側にも企業サイドにもいなかったのでしょう。
かなりひねった表現であることは確かだし、ある種の爽快感を覚える人もいるでしょう。私は広告のコンセプトを作る現場に課題があると思います。
CM見ました。これで買いに行きたくなるかと言われたら全然ならないけど、賛否両論を生み出すことが目的だったのかな?と思いました。察するに、社内が相当ざわざわしているのでは。
歴史ある大企業がパブリックに対してメッセージを発する時に、あえてこうした騒めくことをするのは、もしかしたら古い社内の体制や従業員のメンタリティーを変えたかったからということもあるのかなーと、会社をやっている自分としては思うのです。
観る人によって感想は異なると思います。

私は、どちらかというと好意的な印象を受けました。

「女の時代だから頑張れ」「一生懸命働け」と鼓舞されるのを、性別による逆差別と捉え、生きにくさを表現しているように思えます。

昨今の男も「男だから…」と言われるの、イヤでしょう。

性別に関係なく、自分の生き方を求めていけばいいのではないでしょうか?
なんとなく、1980年代に「広告文化」を牽引していた当時の西武百貨店を彷彿とさせるアプローチです。糸井重里さんの「おいしい生活」「ふしぎ、大好き。」を思い出しました。

で、西武・そごう自身は実際のビジネスにおいて、どれぐらいこの「わたしは、私。」社会の実現に貢献しているのかな、とちょっと思いました。ワタシの記憶ではあまりそれは強くないです。

NPでも取り上げられているように、小売業において、店舗が最大のメディアになる時代。それは百貨店でも同じだと思います。社会へのメッセージもブランドフィロソフィーも、広告ではなく、店舗・現場から提供されていくのでしょうね。これからは。
この記事がよく分からない…→皆さんと同じですいません。

初めて見ましたこの広告。
感心はしないけど、嫌悪感までは感じないです。

ただ、パイを投げることは良くないことだと思います。
どちらかといえば、そっちが問題ではないの?
この件でのスペシャリスト、治部れんげさんの記事。

まさに、賛否両論ですね。私は「違和感」組です。「そんな女の時代なんていらない」「そのたびに女の時代は遠ざかる」などといった言葉が、「被害者意識」ぽく聞こえてざらざらするからです。それと、治部さんがおっしゃるように、「パイ投げ返せよ!」と思ってイライラしてしまうところ。

言いたいことはわかる。方向性はよい。でもね。

たしかに、「上級編」ですね。

YouTubeでこれを見たら、2017年の同じシリーズの樹木希林編が出てきたのですが、私の年齢的なものもあり、こちらはけっこうぐっときました。
「だから女は○○」「だから男は○○」という短絡的な思考。

「だから若い連中は」「だからオヤジは」… これらは、何かあったときに問題を短絡的に決めつける言葉。

どの立ち位置で発言するかで、つい出てしまう。どちらの立場で考えるかで不公平感は変わる。

広告表現は、好き嫌い、賛否両論があるのは当然。目立たなければ意味がないからと、過度な表現になることもよくある。

ただし、企業はそれに責任を持ってやっている。ふさわしいかどうか、センスがあるかないか、そこは企業次第。

何かをあえてアピールするときは、社内では十分にできていないことが多い。

ポイントは、女性と男性、若者とシニアなど、それぞれの特徴や差で、物事を短絡的に片付けようとしないことでは。
不謹慎かもですが、アラフィフおじさんの第一印象は「志村けんのだいじょうぶだぁ」でした。活躍する人気女優や女性アイドルに容赦なかったですよねあのパイ投げ。
そもそも物議をかもしてるのですか??疎くてすみません。。。

色々ツッコミどころはありますが。
パイ投げって特別な状況以外で見たことないのですが、嫌がらせとしてこんな手の込んだことされたことある人って結構いるのですか??
イメージが広告の主張にも合ってない気はしますが、これがイコール嫌なことってのも思わないですけどね、別に。やり返すとかやり返さないとか、そういうものだと認識できないです。



広告としてどうかと言うと、これが企業イメージ、結果的に売り上げに繋がるか、ですよね。西武・そごうに行かないのでターゲット層などもわかりませんので、それは知りませんが多分記者さんの言いたいことはそっちではないのでしょう。
株式会社そごう・西武(そごう・せいぶ、英称:Sogo & Seibu Co., Ltd.)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下の小売業者である。百貨店の「そごう」「西武」(旧:「ロビンソン」を含む)を運営している。 ウィキペディア
株式会社西武ホールディングス(せいぶホールディングス、Seibu Holdings Inc.)は、西武鉄道やプリンスホテル、及び埼玉西武ライオンズ等を傘下に持つ、西武グループの持株会社である。 ウィキペディア
時価総額
6,310 億円

業績