新着Pick
3321Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
非常に興味深く有益な記事であった。実はTikTokはつい寝る前に見てしまいそして気がつくと何本も見てしまっているのだがその理由が少しわかった。そして前から思っていたのはなぜ日本からコレが出なかったのかが残念だったのだがもうどの国から出たプラットフォームなのかを気にする時代でもないのかもしれないとも。しかしいろんな分野でのクリエイティビティは高いと思うのだがそれを出す仕組みを作るリスクを取れる体制がないと思われるのが切ないな。youtube からTikTokへ。プラットフォームが信用経済から次の段階へか。何十周も遅れているテレビ局の人間の発言では説得力ないなあ。
showroomとかはいろんなルームを回ることでアイテムゲットできて無名な配信者のビューを稼がせてるけど、TikTokのほうがより自然だな。あとは基本お題が与えられてる二次創作大喜利システムなのでゼロイチの想像力なくてもそれなりにいいコンテンツが作れるところも大事ね。
ソーシャルメディアにおいて極めて重要なのが、いかに「見られている感」を演出するか。ポストする人と、ポストを見る人の両方がプラットフォームには必要ですが、前者がないことには成立しませんからね。
ポストするとちゃんとリアクションが得られるという安心感が、ポストに対する心理的障壁を下げ、異様に高いポスト率の原動力になっているということでしょう。
その意味では15秒という縛りは「見られている感」を演出しやすいフォーマットなのでしょうね。
https://rocketnews24.com/2018/11/14/1139520/

NewsPicksもまた飽和しやすい構造にありますが、最近できた「新着のおすすめコメント」にその努力の跡が見られるように感じます。試行錯誤ですね。

インフルエンサーの終焉かどうかという点でいえば、メディアの特性をハックして小手先でインフルエンサーとしての地位を勝ち得ることができた時代は終わっていくのかもしれません。
価値ある発信を続けて、インフルエンサーになっていった人たちの影響力は変わらないんじゃないんでしょうか。
インフルエンス力というのは価値を図る間接的な指標。価値あることを発信した人が評価されるという、極めて当たり前の姿に移っていくのでしょうし、メディア側も、いかに価値ある発言をする人物を発見されやすくするかを競うことになるのではないでしょうか。願望も含めてですが。

ただ、仮に発信の価値をなんらかの方法で評価することができたとして、価値ある発言のみを優先して表示していると、価値ある発信ができる人物が出尽くした時点で、結局はYouTubeと同様、飽和したコミュニティになると思います。
価値を評価するということは、結局は価値ある発信ができるのは一部の発信者に偏るという、身もふたもない真実を白日のもとに晒すだけだと考えるからです。
そうなったらそうなったで、なんらかの揺らぎが求められるんでしょうね。

本論とは外れますが、中国製サービスの台頭に対して、当局は相当警戒心を強めていることでしょう。今後、中国製のC向けサービスが普及するにつれて、USでどのような反応があるのか、また日本でどのような反応があるのか、興味を持って見ています。
他のサービス開発の参考にもなる記事。
最短距離で影響力を持つに至りたいという願いに応えたのが、tiktokということ。
インフルエンサーの座を狙う新興勢力はこうした「上昇可能な」新プラットフォームに引き寄せられるのかもしれない。

「実は1分の動画の投稿を許されているのは、すでに一定のファンを獲得したTikTokerのみである」
知らなかったです。
昨年から、twitterやインスタも毎日使うようにして、その特性をようやく体感しました。
田端信太郎さんの言う実名レバレッジも経験しているところです(遅い)。
ほんとその通りだと思う。インフルエンサーマーケティング自体は残るだろうけど、いまのような既得権益化したYouTuberの世界は面白くないので、TikTokのように誰でもがクリエイターになれる本来あるべきプラットフォームに期待してます!
知らなかった。TikTokって単なるショート動画を容易に加工できるだけじゃなかったんだ。「評価でも信用でもなく、価値そのもの」で勝負できる仕組みが真髄だったんだ。確かにこれは革命的に新しい。
これは面白いし鋭い洞察。

「ByteDanceはAIがすごい」と言う人がいるけど、この人間介在の仕組みの発明の方がはるかにすごい

と記事中にあるとおり、どんなにスゴいAIでも教師データがないと無意味だ。そこでByteDanceは膨大な数の誰にも見られてない動画を数百規模のユーザーに見せて教師データを作成する、というプロセスを組み込むことで本当にユーザーに受けるコンテンツ=良いコンテンツを判別するわけだ。

さらにこの仕組みは投稿側のUXとしても、投稿ユーザーをつなぎとめるものとして極めて有効となる。Twitterのユーザー離脱の多くが、つきにくいlikeやRTにあるということは以前から言われていることで、ハッシュタグの多様によってフォロー/フォロワー外からもlikeを得やすいInstagramが右肩上がりで成長中なのも、結局ユーザーの投稿モチベーションというものの多くは承認欲求だからだ。

私は個人的にTikTokを「人間のあらゆる欲を刺激する下世話メディア」と勝手に呼んでいるが(最大限の褒め言葉です)、これが今年MAU1000万を超えてどこまで行くか?楽しみである。
分かりやすい有益な記事。後発ならではのマーケティングが光った設計です。TikTokの特徴が他サービス比較で分かる。
新規無名な人もバズるチャンスあり。
15秒はまさにCMの長さですね。短いからこそツカミとインパクトが必要だし興味なくても耐えられる長さ、かな。
ちょっと別の視点でコメント。「下積み期間が短くて済む」というのは、逆に栄枯盛衰のサイクルが早くなるということでもある。ただトータルではユーザーメリットがありそう。
プラットフォームとしては面白いコンテンツの発掘コストを下げて(それを記事が指摘するように全ユーザーが分散して負担して)、拡散しないゆえに面白いものが見つかりにくいという構造を変えている。一方で、栄枯盛衰のサイクルが低下すると、一瞬流行って、その後続かないゆえに長期間にわたって活動していくというのが一層難しくはなりそう。
そして注目→拡散サイクルが早くなることは、特に若年層において下記で渡辺直美さんが指摘している「毎日が本番でリスクが高い」という可能性も増幅していると思う。
https://newspicks.com/news/3544274

個人的には、ユーザーに発掘のためのコストを広く分散させるなかで、既に一定の評価を得ている人だけが1分、そうではない人が15秒という時間軸を変えているのは興味深い。

あと一般論として「ある人にとっての面白いコンテンツ」は、フィルターバブルとのバランスが難しい。
ニュースの最適化は昔から行われているが、一方で興味があるものばかりだと飽きが来る。ちょっと興味がありうる周辺部をいかに上手く提供していくかが重要な領域。
TikTokの人気の仕組みが初めてわかりました。
「新規のユーザーが、TikTokでどんなにつまらない動画を投稿しても、数百名には見てもらえる」。これはすごい発想です。他のSNSではあり得ないものです。新しい才能を短期間で見いだし、成長させる大切さを知り抜いた戦略です。誰でも一度は甲子園でプレーすることを保証したような斬新な運営だと思います。

業績