新着Pick
432Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
橋、家、車の部品など
多くのものが3Dプリンタで実際に作られている
どんどん人が代替可能になっていきますね、、、
人気 Picker
まあ、まだイマイチなんですねぇ 品質・コスト・サイクルタイム(と過去経験)のすべてが その現状で、宣伝以外に正当化できる用途がまだ限らてているだけかと 製造部分だけ切り取ると勝ち目は当分ないので、設計・調達・製造・保守を含めたデジタル製造化の一環として捉える必要がありますねぇ(稟議通すには) そうなると特に、技術者のトレーニングがボトルネックだったりするんですねぇ

あ、試作や一品モノ(医療含む)にはもう定番ですねぇ
新年っぽい記事だなぁと思いました。橋は金属、家はセメント、車は樹脂、宇宙用は廃プラと、それぞれ材料も違えば、3Dプリンティングの方式も異なるのに、このように一括りにされて注目されている状況が良いと思いますし、今後の展開に注意が必要です。

3Dプリンターの普及が契機になって、製造全体がデジタル化という統一した視点から俯瞰的かつ系統的に整理されつつあり、これにより変革がもたらされます。それが今まさに進行中のデジタル製造革命です。

こういう記事の中に、日本発のプロダクトが取り上げられるように今年も頑張ります!
3Dプリンティングは小ロット生産だけでなく、究極のテーラーメイドを可能にする。
型でできない複雑な形状が可能なのも魅力。
製造コストが下がるのが楽しみ。
なんでも3Dプリンターで作りたくなる。
先日、在日ドイツ大使館の科学技術担当公使にお会いした時、「なぜ日本では3Dプリンターがあまり普及していないのか」と質問されました。日本はドイツ同様、製造業に強みを持つのに3Dプリンターの利用がそれほど進んでいないのがよほど不思議だったのでしょう。

3Dプリンターや積層製造は、インダストリー4.0、コネクテッドインダストリーズといったデジタルモノづくりを進めていく上で重要な出力手段となります。これまでの加工方法では不可能な立体構造を持つ部品や製品も造形できますし、記事にあるように、それこそいろいろな分野に応用していける。さらに欧米勢に加え、この分野には中国企業もかなりの食い込みを見せています。

「コストが高い」「精度が低い」と目先ばかり見るのではなく、日本企業には3Dプリンターの可能性にもっと着目し、柔軟な発想でモノづくりの新境地を切り開いていってほしいと願っています。
家が一番おもしろそうだと思います。特に低所得者層向けの簡易住宅が低コストでできるといいなあと。
芸術性、究極のリサイクル、実用大量生産、電池なしIoTと、まだ認識されていない可能性は多い
個人的には、3Dプリンターの家が実用化するといいなあ、と。衣食住とあって、住だけは未だ一生モノの買い物で、それを買うことでリスク超過する人もいるくらいなのだから。
3Dプリント×ECで在庫を持たないデータ販売という時代の到来を感じさせますね。
冷静な記事✨