新着Pick
136Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
平成の時代は戦争がなかった年でしたと仰っていたことが、とても重く感じていました。振り返れば、日本型の年功序列賃金などは戦後始まったことではないでしょうか?そして、バブル崩壊後に、他は劇的に変わってきたのに日本型雇用が変わらないのは、人口構成等が劇的に変わる戦争を経験していないからなのかもしれません。となると、人口構成が変わる時、日本型雇用は変わらないといけないわけです。先に変わろうとするかどうか、企業の意思が問われているような気がします。
日本型雇用に関しては、

虚妄の成果主義 日本型年功制復活のススメ (ちくま文庫) 高橋 伸夫 https://www.amazon.co.jp/dp/4480427597/

がおすすめです。
雇用形態を変えられる企業が、多様で有能な人材を確保できると思います。今年は、どこにもない理想的な雇用形態に挑戦したいと思います。
「変わるのか」という言葉には、どこか他人事な風情を感じるが、「変わる」の主体が企業であれ個人であれ、変えようと思わないと変わらない。

企業は制度なり風土を変えようとすることが必須。そして個人は、会社の中で制度や風土を変える取り組みを進めること。とくに風土はひとりひとりの価値観を変えないと、制度も使われなくなる。

そして、会社が変わらないならば見切りをつけて去る勇気も必要。変わらない企業も、変わらないと生き残れないことがわからないと変わることができないし、変わらないまま息絶えればよい。
この連載について
PICK ONEでは、月曜日から木曜日まで、それぞれ「テクノロジー・サイエンス」「ビジネス」「政治・経済」「キャリア」と、日替わりで4つのテーマを扱い、各分野のプロピッカーらが未来へつながる視点で読み解きます。