【塩野誠】企業は成長鈍化へ。世界から日本が注目される年に

2019/1/1
皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
新元号となる年が明けました。今年は春に天皇陛下の御退位及び皇太子殿下の御即位、夏には参院選、秋には消費税増税と大きな予定が目白押しとなっている。
それではビジネス環境へのインパクトに鑑み、注目すべきトレンドを予測していきたい。
世界経済は米中リスクにより減速も
OECDは世界全体のGDP成長率を3.66%(2018年)から3.54%(2019年)と若干の減速を見込む。世界経済の最大のリスクは明らかに米中関係である。