新着Pick
93Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
パイロットはもっと苦痛。

好きでもないオッサン3人(副機長と機関士)と、なんの娯楽も許されず閉鎖空間で18時間も閉じ込められるなんて地獄でしかない。


飛行機はできるだけ乗りたくない。ネットだけで済ませられないようなグローバルな仕事をいかに避けるか。
18時間はかなりきつい。仕事して、食事して、映画見て、寝て、起きてみるとあと8時間、とか言うと一気に気が萎える。そういう環境で一番欲しいサービスはトイレの順番予約かな。席数とトイレの個数のバランスはそのエアラインもあまり変わってないが、長距離フライトになればなるほどトイレの数を多く、少し広く、そしてより機能的にして欲しいと思う。
飛行機の中とか新幹線って仕事が捗るので結構好きです。なんせ他にやれることがないので雑念が消えます。

ノイズキャンセリングヘッドフォンとMacBookさえあれば快適に過ごせます。できればビジネスクラスですが、エコノミーでも可。
疲れたら眠ればいいし。

普段いかに雑念にまみれているかってことでしょうね。なので、wifiとか無い方がいいです。
「シンガポール航空の今回の新路線は、ビジネス(最近の価格は往復で5千ドル)とプレミアムエコノミー(12月の価格で往復1498ドル)の2クラスだけで座席を構成している」

それはそうでしょうね。普通のエコノミークラスで18時間もいたら、耐えられるかどうかではなく、真剣にエコノミー症候群の心配をしないといけなくなります。

ビジネスクラスであれば映画見て仕事して寝ていればいいだけなので特に問題なさそう。あと、昔は空港で本を買い込んで乗り込んでいましたが、いまはスマホにDLするだけなので楽。

エコノミークラスだと前後左右や周辺の人がどれだけ配慮のある人かにもよりますね。食事中にもものすっごいリクライニング倒してくるひととか、後ろから何故かこんこんと座席をつついてくるひとととか(多分、ずっとディスプレイ触っている)、すごい勢いで肘掛け奪ってくる人とかいると、心が萎えます。

自分は18時間のフライトより2回以上乗り継ぎのほうが苦痛です。乗り継ぎの待ち時間も含め、何らかのトラブルに巻き込まれる確率が(経験的には)格段に上がります。
18時間はすごい!
トランジットって時間もかかるし、乗り継ぎにミスがあるとその後の対応が大変。なのでこの路線は出張の人を対象にした、振り切った戦略ですね。だからこそのシンガポール航空の"エコノミークラスを設定しない"というのも納得。
すぐに寝るので、18時間、まったく苦になりません。
体験してみないことには何とも。10時間×2はきつかったです。乗り継ぎがないだけで少しは気持ち的に楽になるのかしら。
ビジネスクラスでも13時間が限界。隣に知らないおじさんがいたら5時間が限界。もう少し、立ったり運動できるエリアがあれば良いかも。例えばバイク。ヨガ。無理か。
大場紀章様のコメント、笑いました。

好きでもないオッサン3人(副機長と機関士)と、なんの娯楽も許されず閉鎖空間で18時間も閉じ込められるなんて地獄でしかない。

航空業界には『さよなら、オッサン』は未だ到来せず(笑)
心配されるエコノミー症候群を予防するために、機内にはストレッチするためのスペースは必需、エコノミークラスでも座席には余裕をもたせる、インターネットへの接続が可能、最低限これだけあれば18時間は可能かな。なおかつ料金は安い!これ大事。そうすればトランジットの便より人気は出るぞ。
時価総額
7,902 億円

業績

業績