新着Pick

日本の“木造”建築の可能性―出雲大社の古代本殿の高さは48mあった?

住まいの「本当」と「今」を伝える情報サイト【LIFULL HOME'S PRESS】
4Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
年末年始の休暇を利用して、観光がてら遠方の寺社まで初詣に出かける方も多いかもしれません。縁結びで人気の島根県の出雲大社は、本殿の高さ約24m、大屋根の面積180坪という破格の大きさを誇りますが、古代の本殿はさらなる巨大神殿だったという説があるそう。本当に、古代にそのような建築技術があったのでしょうか?