新着Pick
516Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
最近、SNSの炎上や一部のネットニュースやまとめ記事を見ていると、苦労して批判すべき点を探し、扇情的な見出しが立つようにほじくり返して、実際のアイデアには目もくれていないような印象を持ちます。私自身、毎日決められた大きさの紙面を埋めなくてはならない新聞記者をやっていたので人ごとではなくて、平和に見えた日常があっても、何かしらのケチをつけて問題提起をしていたことはあります。
それは当たり前のことでありますが、とても残念なことでもあります。メディアの視聴率を上げて、メデイアを存続させるために、世の中のポジティブな面や穏やかな面が犠牲になってしまっては、生きている上でニュースを必要とするのではなく、ニュースのために生かされているような気すらしてくるからです。
ただ、もちろん人は、刺激的な見出しやスキャンダラスなトピックに反応するし、人の不幸を舐めながらなんとかくさくさした日常をやりすごそうとする。それはわかります。
要は100万部を諦めて10万部を目指して質の良いクリティカルなものを載せられるメディアが一定の存在感をしめすこと、そこから民度を底上げしていくことが必要なのであって、そういう意味でとても心強い記事でした。
実は私は、元通信社記者。企画を上げると当時、デスクが「読者は、読みたがっていないよ」と諭されることがありました。
独立して各種雑誌に書き始めたら、駅売り/本屋売り勝負の編集者さんらは、はるかに明快でした。「うちの読者の男女比、職業はこうで、この話題にはこういう関心を示しているので、取材してみてください」。
そこで、通信社のデスクは、何の根拠があって「読者は」などと言っているのだろう、と初めて思いました。通信社は、読者データは、持っていないのです。

ニュース・ポルノは、「読者/視聴者はね〜」というステレオタイプな想定から生まれると思います。生身の読者、視聴者のことをもっともっと考えて、固定観念にとらわれない記事がもっとあっていいと思います。
「ニュースは見るな」
自分の中に軸がないと、情報に影響を受けて、右往左往してしまう。
こうしたことはあわただしい日常ではありがちです。

「アイデアのインパクトとメディアのスピードの関係性」の図は、受け手としての見るだけでなく、メディアやSNSなどを通じた情報の発信者としても、どのようなことを発信しているかを振り返るのに役立つと思いました。
実際には、「スピード」にも「インパクト」にも、それぞれの存在意義があると思います。

「情報が氾濫(はんらん)する時代において、究極のラグジュアリーとは意味と文脈だ」
情報の総量が増える中で、こういう思想があるかどうかは、メディアにとってより大切になっていると思います。
これは、個人にとっても同様のはず。

松島さんのWIRED編集長就任時のエピソードが読めて、嬉しい記事。
「ニュース・ピックスに浸るのはやめよ」かと、一瞬疑った朝でした。
ニュースに限らず、
そもそもメディアの多くが記すのは「日常」ではなく「事件」ばかりです。
歴史の教科書が典型ですね。
松島さんのこの記事の中に
「「歴史とは、歴史書には書かれなかったことの総体だ」とたしか19世紀ドイツの哲学者・ヘーゲルが言った。」とあるように、
歴史の教科書は、革命と戦争のオンパレードです。
過去の人類は、人殺しばかりやってきたのか。そんなわけはない。
日常と平和は、「記されない」んですね。
だからこそ「歴史書」とは別に「日記」が、かつてを知るための「足掛かり」になったりする。
つまり、ニュースポルノ問題はいまに始まったことではない。

おそらく、私たちの「認知の癖」の中に、「悪いニュース」により敏感になる
というのがあるのかもしれません。その癖のお蔭で、生き延びてきたのかもしれません。そしてその「悲観的に未来をみる癖」が、ニュースや歴史書に反映されているのかもしれません。

ちなみに、この記事は、書店や書籍関係者が、活用すべきポイントが
明確に記されています。

それは、松島さんにかつてワイアードの編集長だったクリスアンダーセンが語った「書籍」の価値、「書籍」のすごさを、グラフにしたところ。



それは横軸にメディアのもつ時間特性、縦軸にコンテンツがもつアイデアの数をとったものだ。左端のSNSが刻々と流れるフロー情報のメディアだとすると、右端の書籍は年単位のストック情報を扱うメディアとなる。「SNSではたくさんのアイデアが出るけれど、非常に短命なものだ。一方、本が提示するのはビッグアイデアで、非常にライフスパンが長い」

本読んだ方がいいぜ、というわけですね。
ビルゲイツが賞賛する「暴力の人類史」やローリング著の「FACTFULNESS」でも語られるように世界は良くなっているのに世界中で起きていることがニュースとして世界中で取り上げられることによって人は無意味に不幸や不安を感じることも多くなったと思う。実際に「暴力の人類史」でも人の不幸な死は減っているのに田舎町の奇妙な殺人事件まで世界中で取り上げられてしまうためとても身近に感じてしまう。
ぜひこの記事の最初の図だけでも見てみてください。皆さんのニュースの接し方が変わるはずです。
なるほどと思う反面、ニュースが悪いこと、異常なことを報じるからこそ、より悪化、より異常化しないように修正がなされたり対処や準備ができるのだと思います。要は受け止め方です。ニュースはなるべく読まれるように扇情的なタイトルを付けるもので、そのタイトルにいちいち脊髄反射してはダメなんですが、面白がってそれに乗り炎上ということもあります。
WIREDに期待したいのは、読みやすい日本語で書いて欲しいことですね。新編集長の文章は読みやすくていいです。
デイヴィッド・リンチが好きだ。彼の作品、思想、世界観が好きだ。リンチの著書"大きな魚をつかまえよう"(四月社 / 2012)から引用する。

"アイデアとは魚のようなものだ。
小さな魚をつかまえるなら、浅瀬にいればいい。
でも大きな魚をつかめるには、深く潜らなければならない。
水底へ降りていくほど、魚はより力強く、より純粋になる。
巨大であり、抽象的だ。そしてとても美しい。"

この記事で語られるニュース・ポルノは小さな魚だ。それに比べて、読み応えのあるインタビューなど読む人の記憶に残るものは大きな魚だ。

全部が全部、大きな魚である必要もなく、小さな魚が日常には必要だと思う。だけど小さな魚のつかまえかたや、小さな魚の詳細に興味は持てない。

小さな魚なら、その魚に対しての感想のほうが興味がある。小さな魚に人々がどんなことを思うのか、非常に知りたい。ニュースに対してのさまざまな人のコメントや意見を知るのはとても楽しい。だから私はどんなニュースも、まとめサイトだったりnews picksで読むほうが好きだ。自分が持たない思考だとしても、いろんな考え方を知り、なるべく多く目からウロコを出したい。小さな魚はそうやって楽しむべきだ。小さな魚をそのまま見ているだけだと視野が狭くなって、ネガティヴで悲観的になるんだと思う。
情報量が爆発的になった中で、人々の情報に対するリテラシーが上がってなさすぎるとポルノ的なインパクトのあるネタしか理解できない。技術革新に合わせた社会的エデュケーションがあるといいなといつも思っていて、積極的に情報どうやって得るかを理解できるコンテンツをVoicyでは優先しています。
今後メディアがどうある改善に、人が情報にどう向き合うかのモデルケースを提示して道標を作ることもとても大事だと思います。
これは非常に共感します。ニュースをピックしたり、NewsPicksのアプリからプッシュ通知でコメントを求められたりするとたまに思うことですが、ほとんどのニュースは自分の日々の生活とは関係のない出来事ですし、年がら年中、そんなに気になるニュースが溢れているわけでもありません。どうでもいいものがほとんど。
あんまりニュースにばかり接していると、ノイズに振り回されるばかりで大局を見失ってしまいます。
じゃあどれくらいが適度な距離の取り方なのかというと、よくわからないんですけどね。

それはそれとして、世界の見通しについて悲観的な国民のワースト3が日本、フランス、韓国というのは、それはそれで根拠がありそうにも感じてしまいますけどね。
日々のニュースの多くが自分の実生活にあまり関係ないのと同様、いくら世界全体がベターになっていようと、身の回り5メートルの「世界」には関係ないと思えば、先進国の数値が低くなるのは極めて自然なことに感じられます。
ストレートニュースは誰かがやらないといけませんが、第一報を競う時代は終わりつつあります。スクープの鮮度はいまや5分です。いま検証や調査報道が求められているのは、フェイクを含めたニュースの海の中で、読者や視聴者のニーズがそちらにあるからです。
この連載について
プロピッカーなど各分野の有識者が日々ウオッチしている専門分野の「2019年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、働き方など、各カテゴリーで2019年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。