新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
> 「大和証券グループ本社の中田誠司社長は、(中略)株価指標や企業業績からすると今が底値の可能性が高いと指摘。来年度は状況により2万6000円程度の高値も望めるとの見通しを示した。」

証券会社なので、『株式相場は「今が底」(=株価はこれから上がります)』と発言するインセンティブがあります。株価が上がる見通しがないと、投資家(特に個人投資家)は株式を買いませんし、株式の売買がないと証券ビジネスが成り立たないからです。

ちなみに大和の中田社長は、2018年10月のとある会合で、「年末には27,000円に向かうんじゃないでしょうか」というご発言をされていました。
というわけで、いつもこんな感じです
証券会社の社長としての発言なら完全に営業トークですね。
お人柄は知りませんが、逆に株を買えなくなります。
NY株も本日の取引で600ドル以上値を上げている。先週から続く値下がりも今日止まるのであれば、今が底というのも正しいのかもしれない。
ーー
日経平均株価について、米中貿易摩擦などの懸念要因はあるものの、株価指標や企業業績からすると今が底値の可能性が高いと指摘。来年度は状況により2万6000円程度の高値も望めるとの見通しを示した。