新着Pick
4Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
「つねに“大塚 愛”を客観視して、育てている人」――。デビュー当時の彼女を知り、10年以上にわたり活動を共にしているエイベックス・エンタテインメント油井は、大塚との出会いをこう振り返ります。

役を演じるように、楽曲の数だけ物語を生きる大塚 愛。
2003年9月、「桃ノ花ビラ」でメジャーデビュー。以降、ヒットと快挙を連発し、常にJ-POPシーンにおいて存在感を示してきた彼女は、今年9/10にデビュー15周年を迎えます。2019/1/1にはデビュー15周年記念オールタイム・ベストアルバム『愛 am BEST, too』の発売が控えている彼女を前後編にわたってフィーチャーする本連載。今回の前編では、A&R教野千文、マネジメントを務める刑部正明と油井の3名に話を聞き、制作サイドの視点から大塚 愛の実像とアーティストとしての本質を紐解きます。