新着Pick
337Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
半導体にプラズマ・液晶、有機ELと日本のエレクトロニクス市場でのコアデバイスは同じような道筋をたどってきました。技術開発段階までは良くとも、まずかったのが事業化戦略。フラッシュメモリー含め、残念ながらサムスンなどの方が戦略上手でした。

思えば、1980年代に高い競争力を誇った DRAMでは国内電機各社がこぞって大規模投資を行い共倒れ。液晶でもシャープが頑張ったにもかかわらず、「液晶の次は液晶」とほぼ思考停止状態で大枚を突っ込み自爆に至る。有機ELもソニーが先行していたはずが、残念ながら大型ディスプレーを商業化するだけの余力がありませんでした。

こうしたデバイスとは裏腹に日本の半導体製造装置メーカーが高い国際競争力を持ち、逞しく生き残っているのは驚きです。やはり半導体のグローバル市場の先行きを冷徹に見据えて的確な手を打ってきたからでしょう。その証拠にサムスンでさえ自前の半導体製造装置では手こずっていますから。

日本の半導体が沈んだというのがこの記事の主旨ですが、iPhoneでもエクスペリアでも他のスマホでも、今やカメラのCMOSセンサーで世界をリードするのはソニー。また電力関係のパワエレを支えるSiC半導体の市場は決して大きくないとはいえ、三菱電機や村田製作所、富士電機などがしっかり頑張っています。

かつて日本メーカーの攻勢でインテルがDRAMからCPUに転進して大成功を収めたほか、アイダホ州でポテトチップならぬメモリーチップに賭け、日本のエルピーダまで買収したマイクロン、ゲーム用のグラフィックスチップからスパコンのGPGPU、AIチップへと着実にステップアップを遂げたエヌビディア、モバイル時代の到来で天下を取ったクアルコムと自ら市場を作り出していく米国勢はやはり先見の明がある。さらにアップルの半導体を支えるTSMCと、半導体トップはそれぞれに抜群の強みを持っています。

日本の半導体産業としても高い参入障壁を巡らせながら差別化で行くべきでしょう。新分野としてはレガシー技術を転用できるIoTセンサーか、新型メモリーか。先端分野では、富士通や日立のように複雑な最適組み合わせ問題を解く量子プロセスをデジタル回路に置き換えたプロセッサーや、ムーアの法則の限界の先を行くスピントロニクスデバイスも期待できるところ。日本の半導体はむしろ、これからが正念場と言えます。
日本の半導体が沈んだのか、沈んでいないのか、何をもって評価するかもあるように思います。サムスンのようになれなかったとするのであれば、民間企業の視点ではなく、国家としての政策も考慮する必要があると思います。日本は研究を得意としてきましたので、技術優位であったことは間違いないと思いますし、そこを韓国や中国に狙われたのだと思います。

製造業の複数産業において感じることですが、日本民間企業vs海外国家、となる構図は結構あります。この勝負にどう勝てというのか。政府は市場介入すべきでないとする経済思想か、政府は積極的に市場を管理すべきとする経済思想により、グローバルで活動する企業は影響されていると感じています。そこも含めて参入市場を決めることは民間企業にできますが、韓国や中国のような攻め方で日本企業が狙われた場合、なかなか対峙するのは厳しいと思います。

グローバル経済、各国家政策など、産業構造を塗り替えてきた要因は複雑だったし、半導体市場においても例外ではないと思います。
半導体というより、DRAM。逆に、30年前になかった、NANDフラッシュやCMOSセンサーでは、大健闘。

DRAMがダメになったのは。①油断、②日米半導体協定や摩擦、その結果、FMVで1メガが12ドル以上で推移、参入過多、③CF経営で設備投資しなかった、④システムLSIやFPDシフトでリソース減、⑤インターフェイスが、JEDECで標準化、⑥技術がSPEに流れた、などなど。
Samsungが完全な悪者になっていますが、筆者の言う「窃盗まがい」の事をSamsungが出来た根本的な原因は、技術者(技術)の価値を分かっていなかった東芝にもあると思うけど。
東芝は技術者をリストラ。
Samsungは日本の技術者に対して、一時的な例があったとしても、日本企業以上の対価を払っただけ。

SamsungへNAND型フラッシュメモリーの技術供与を判断したのは東芝。それ自体の良否は分かりませんが、当時の状況では正しいのかもしれません。その後、Samsungの大規模投資に追随せず、大きく出遅れた。投資の判断が出来なかったのは、Samsungとは関係なく、東芝の経営判断に依るもの。
日本の半導体メーカーに限らず、日本のメーカーは概して動きが遅いですし、給与に関してもダイナミックに差を付けませんね。給与に限りませんが、横並び意識が強すぎです。資本主義で生きている以上、より高い評価をしてくれる会社に転職したりするのは、当然でしょう。その動きを非難することはできないです。ただし、Samsungがやったことは正当化してはいけませんし、当時大問題にしなかったのは、経産省だけでなく、外務省が及び腰だったからだと思っています。いずれにしても、日本の会社は、もっともっと柔軟にならないとどんどん海外にやられますよ。家電メーカーが負けた理由は、マーケティングがいまだに出来ていないことと、決断のスピードでしょう。マーケティングが出来ないから、眼の前にいる明確な顧客の要望通りに部品を作れば売れる、B2Bがメインになってきました。スピードに関しては、昔、サムソンの社長級の方と何回か話をした際に、異口同音に言っていたのは、「この業界で一番大切なのは、なんだかわかりますか?スピードです」と話していました。みなさん、韓国人ですが、流暢な日本語で話しをしていましたよ。サラリーマン社長には、そのスピードがなく、トップダウンもなかなかありません。半導体産業は、ある種の博打ですから、スピード感をもって、大きな決断ができないと勝てないので、日本の家電メーカーには向いていないのかもしれません。同じ轍を踏んで欲しくないのは、自動車業界です。トヨタは、豊田章男社長に【大政奉還】出来たので、スピード感をもって大きな決断ができるので良いですが、日産は社外にしか敵はいないのに、社内の敵を追い出すのに躍起になっていて、非常に心配ですし、スピードはなくなるでしょうね。
非常に感慨深い記事でした。日本の半導体の歴史は同盟国であるアメリカに大変皮肉なことに、叩き潰されてしまった。唯一、競争優位を保っていた、東芝も分社化し、支援を受ける立場となった。中国に対して、アメリカは必死に叩き潰しにいくだろうが、記事でもいっている通り、同盟国でないがゆえに、必死に戦い、もしかしたら中国はこれを機会に大きく飛躍するだろう。その際、中国からの日本へのラブコールは強まるだろう。日本の立ち居地は一層難しくなると思う
「日本の」という枠組みを離れて、何らかの分野に、人材と研究に集中的で巨額な投資を行うプレーヤーに期待したい。(日本企業のサラリーマン経営者には苦手な種類のゲームである。しかし、他人のカネなのだから、思い切ってプレイするといいのにね…)
同じ製品を国内で沢山の会社がやって、リソースを分散させてしまっていた。DRAMなど国内のほとんどの電機メーカーがやっていな。何社がやっていたのだろう。
これを修正する経営の動きも遅かった。これは日本の成長による成功体験が大きいのネガティブな面が出たということだと思う。
一社か少数が残っている分野は、半導体でも今もそれなりに頑張っている。
これからの教訓は、生き残るのは、他がうまくいっていることをやることではなく、他がやらないことをやること。ダーウィンの進化論そのものです。
半導体がアメリカと韓国に負けた理由ってほんとにこれだけなのかな。例えば日本が遅れていた時期は先進国から技術者を招いて技術を取り込むことに必死だった時代もあったわけだし。

過去に取りすがっても仕方ないので、我々の時代に勝てる技術を磨かないといけない。
半導体云々と言ってもCPUとメモリじゃ設計ロジックからマーケティングまで全く違うので、こうやって味噌とクソを混ぜこぜに書いても日本昔ばなしの1話にしかならないですね。団塊世代が自分らの反省文として読むなら良いですが、若い人が読んでもなんの糧にもなりませんよ。

誤解を恐れずに言うと、メモリ産業ってのはCPU産業の傍流としてCPU性能の向上に必要なリソースをひたすら高効率に提供し続けるという大英帝国のプランテーションばりに隷属した産業です。安いチョコレートがどんな状況で生産されてるかを殆どの人が気にしないように、エンドユーザにとってはメモリ産業の攻防など小売価格の下げ圧力満載でウェルカム状態だった事は、当時の自作PC界隈を知る人であれば激しく首を縦に降るでしょう。

重要なのはメモリ産業ではなくCPU産業が当時どうだったかです。日本のCPU産業はこの頃Intel互換機をリリースできるほどの胆力を持っていたのはNECくらいしかありませんでした。その後もRISCの登場やIBM/モトローラ体制など、参入する契機は幾らでもあったのにできませんでした。これは何故かと言えば、日本にMicrosoftやAppleと肩を並べるOSベンダがいなかったからです。

Wikipediaに面白い記事があるので参考までに貼っておきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/CPU%E5%B9%B4%E8%A1%A8

その後CPU産業もクロック競争というジェノサイドを経てプレイヤーが寡占化しました。そういうボトルネックを打破できるチャンスが既に到来しています。CPUのロットも100万オーダーから数十までに絞り込まれていますし、先日別のPickで紹介したVlogで清水亮さんが話していたRISC-Vのようなオープンソースハードの裾野が広がってます。清水さんも語ってましたが、これは日本企業にとって福音になりうるお話なんですよ。
サムスン電子(サムスンでんし、韓国語: 삼성전자 三星電子、英語: Samsung Electronics Co., Ltd.)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電・電子部品・電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。スマートフォンとNAND型フラッシュメモリにおいては、ともに世界シェア1位。 ウィキペディア

業績

株式会社東芝(とうしば、英語: TOSHIBA CORPORATION)は、日本の大手電機メーカーであり、東芝グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
1.73 兆円

業績