新着Pick
425Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現金を代替する決済は、ICTの進展によって変容する。今はプラスチックからモバイルへの変節点。モバイル決済は簡単すぎて、使い過ぎの心配があるという。

しかし、それはモバイルが原因ではなく、利用者の金銭管理能力の問題ですよね。モバイルなら利用情報が一元管理されてくるので、いつ、どこで、いくら使ったかを簡単に知ることができる。これは現金にはない利便性。

PayPalマフィアと呼ばれる、創業時代のメンバーは、目のつけどろこがいい。起業や投資先をみると、ほとんどが破壊的創造を行なっている。PayPalのそういうDNAは、今もいろいろなビジネスに受け継がれ、成長しています。
ちょっとわかりにくい翻訳ですが、主にモバイルペイメントのリスクに言及してますね。

使い過ぎの問題に関して、私個人の意見ですが、支払い手法が原因ではなく、支払いたくなるサービス、商品に起因することの方が多いように思う。

お金を支払うことが好きな人はあんまり多くないとすると、支払いたくなるサービスの存在が、払い過ぎを助長する主要因でしょう。もちろん、目の前から現金がなくならないことが、心理的に財布の緩みを起こしていますが、それならクレジットカードも同じです。

日本人は総論現金主義で、クレジットカード利用ですら世界的には低いレベルなので、支払い手法と使い過ぎは相関はあるけど、強い因果はないでしょう。

個人情報の問題はありますが、如何にこの問題をクリアして、色んな意味で新しいサービスに対する知覚価値を低く見積り、知覚リスクを高く見積る日本人のモバイルペイメントに対する態度を改善していくかを考えるべきだと思います。
日本では、まだまだこれからキャッシュレス決済比率を高めていこうというステージにありますので、現金決済が便利かどうかを特に意識せずに使っている人が多いと思います。これに対して、キャッシュレス決済比率が進んでいる国においては、キャッシュレス決済の不都合な点を認識したうえで、現金決済の利点が何かを考えることが出来るのだと思います。
大半の人は悪意をもって現金決済をするわけではなく匿名性を望んでいるから現金を使っているわけではありません。この記事が言う通り、計画的な家計管理のためにはやはり現金を使う利点があることは事実です。特に、今は、A店はLine Pay、B店はSuicaと使い分けていくと猶更何に使ったか分かり難くなるので、その弊害は意外と大きいと思います。
けれども、スウェーデンなどキャッシュレス決済が進んだ国では、それを是としながらもその弊害を指摘をしてその解決をするステージに入っています。
正当な履歴管理は是としても良いですが、行き過ぎたログ管理はプライバシーの侵害になります。
いずれにしても、日本とキャッシュレス先進国ではステージが違うので問題点も異なるという点は認識しておいた方が良いと思っています。