新着Pick
323Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
20代前半にとっては、手本となるような上司がニーズがあり
20代後半にとっては、チャンスをくれる上司がニーズがあり
30代にとっては、意思決定の機会を回してくれる上司にニーズがありますね
やる気が出る人がいい!

「やる気にさせてくれる」じゃなくて「やる気になる」「やる気が出る」です。

○○してくれるリーダーに頼り過ぎないようにしましょう。心地よく、ついていきたいだけでは成長できません。

理想的なリーダー像とは違うタイプの上司でも、自分で考えてチャンスをつかむくらいの逞しさがあるとさらにいい。

リーダーのふるまいに左右されない自信を少しずつ高めていきましょう。自分で育つ覚悟を持ちましょう。
あー、このシリーズ 笑 嫌いじゃないけど「ウチのホープです!」とか、ちょとクサい。と思いつつ、振り返ってみたら、ワタシも若かりし頃、ある弁護士とのミーティングで「先生、コイツ(ワタシ)を一人前の人事マンにしてやりたいんです!」という人事部長の言葉に、感激してメチャクチャ気合が入ったのを思い出しました 笑

意外と効くんですね。このアプローチ。
この手の事例エピソードはその人のキャラ、状況、会社の社風と人のタイプなどによって有効に成立するのであって、パッチワーク的に取り入れて、無理に良いマネジャーを振る舞おうとしても、一貫性のないように見えて逆にちぐはぐする可能性があります。

自分なりの信念・方針を磨き上げながら日々謙虚に学び続けるしかないなと思います。
部下という言葉を使わないこと、かなぁ。

すごく抵抗のある言葉ですね。
手駒ではなく、仲間だと思うこと。
上から言われても人はついてこない。

だから故に下の人も昔のような
見習い期間のようなものがないので、
ある程度の責任は問われる。

同じ視点で、同じゴールを目指す。
それでいい。
どんな部下がいいのか?こちらも是非特集してほしいです。若手と話していて、おそらく上司の期待とズレたことしてるなという人が多いので。
「ついていきたくなる上司の言動20」
これは子供にとって良き親になるために必要な要素かも知れないなと思ってみてました。
子供ってとてもよく見ていると思うし、何気ない日常の接し方がその子の将来にかなりの部分で影響を与えると思います。心したいです。
私は、どんな話しをしてもきちんと答えられる人じゃないと上司と認めない問題児部下でした…
監査法人時代、私を怒らないで受け入れる創業者は、株式公開出来る確率が高いという測りとして、ショートレビューの際の社長ヒアリングで大活躍していました…😰
縦の壁が溶けて、垂直社会から水平社会になる中で、リーダーは上に立つ人ではなくて、前に立つか、後ろに立つか、メンバーと同じ目線でチームを動かす人だと思う。