新着Pick

世界を舞台に、ビジネスに変革を起こす。

制作:パーソルキャリア
205Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
【一緒にアジアで500社立ち上げ支援を】

最近、EXIT起業家、社内起業家、デザイナー、MIT、ベンチャーCTOなど世界各国のイノベーターが続々とジョインしてくれるようになり、力を合わせれば一気に世界に持っていける体制が整ってきました。

世界には人、金、物、情報がベンチャー、大企業、大学、様々な地域に偏在していて、それぞれからリソースを引き出して、プロデュースして大きな事業を仕掛ける機能が必要だと思ってます。

デロイトトーマツベンチャーサポートは、
この分野にコミットして、イノベーションに答えを出したい。

残りの人生を賭けて、
アジアで500社の立ち上げを支援して、次の150年の基盤となる産業を作って行きたい。

アジアNo.1のイノベーションファームを目指して、一緒に夢を追って戦う仲間を募集中です!!

ぜひご応募ください!!

先日、WEEKLY OCHIAIで起業家支援への思いを語ったので、ご興味をお持ちの方はぜひご覧下さい!!
 
【落合陽一×斎藤祐馬】スタートアップをアップデートせよ
https://newspicks.com/news/3494195
現場でお会いする事が多いデロイトTVSさん、客観的に見て普通に魅力的な職場だと思いますよ。

・イノベーションやスタートアップに関わる
・グローバルが仕事の舞台である

という2点を兼ね備えたこのような求人は実はめったにありませんから。
イノベーションに必要なのは、過去に当てはまらない表面だけの斬新さでも、日本を否定し海外に追従する事でもありません。変えようとする熱量とリスクを恐れず行動する実行力を持ったリーダーが必要です。

デロイトトーマツベンチャーサポートの強さは、大手だからとかブランドがあるからでは決してありません。斎藤 祐馬という類稀な熱量と実行力を持つリーダーと彼を信じる素晴らしいメンバーが真のイノベーションを起こそうとしています。チームの熱量は凄まじい程です。僕は個人的ではありますが、イノベーションがそこから起きる事を信じています。ブランドではなく人の力を信じて。
もしもリンクアンドモチベーション以外で働くとしたら、デロイトトーマツベンチャーサポートにとても興味があります。

世界を舞台に大企業とベンチャー企業を繋ぎ、イノベーションを起こしていく——

何てダイナミックでエキサイティングな仕事なんでしょうか!?

リーダーの斎藤さんも、とても熱くて、優しくて尊敬できます。

オススメです!
デロイトのモーニングピッチの熱気はすごい。実際成果もいくつも生まれている。このアジア展開は注目。
世界の中で一番働かない国になった日本人をいかに目覚めさせるかにつきる。やはり世界で戦う奴らは本当に寝る間を惜しんで働いて充実感を共有している。アメリカ人もフランス人も皆仕事づけでやり抜いているのだ。一度の人生ならば、世界や宇宙を目指さなければ意味が無いのだ。まさに今目覚めなければならない時にきている。
WAmazingが戦っている市場は、訪日外国人つまりインバウンド市場。世界に残る日本ブランド、訪日への興味を元に、日本に産業活性、消費活性、雇用を生み出す、巨大な旅行市場。
ただ、創業2年ちょっとのちっぽけな存在でもあるので、アジアとの架け橋や大企業とのブリッジなど非常にトーマツベンチャーサポートさんに助けていただいております。

リスクマネーや事業提携は、ベンチャーキャピタルや大企業のCVCに頼り、エコシステムは、トーマツベンチャーサポートさんら、色んな方に頼り、ヒューマンキャピタル(人材)は、For Start upsさんらに頼り、私たちは必死に事業をやる。
根底にある思いは、世界で戦える日本を、というところだと思います。

記事より。

上場だけを目指すなら日本のマーケットだけを見ていれば十分かもしれません。しかし、それでは資金調達をしようとしても、集められるのはせいぜい100億円程度でしょう。世界には1000億円を調達するベンチャーも多く、日本のベンチャーは到底、太刀打ちできないのです。
それでも世界を回って感じるのは、いわゆる「日本ブランド」が残っていること。ヨーロッパには、日本の大手自動車メーカーと組みたいと夢のように語る企業があるのです。ものづくりの力は健在ですし、GDPも中国に抜かれましたが、依然として3位を保っています。
まだ力が残っている今の段階で、もう一度、成長の軌道に乗せる必要があります。世界に出ていかねばなりません。
トーマツベンチャーサポートで働くということは、日本を再興すると同義だと思うのです。

皆さんはご存知ないかも知れませんが、ここに登場している斎藤さんは日本を代表する現在のベンチャーエコシステムを創られた第一人者です。

代表的な取り組みとしてモーニングピッチはあまりにも有名で、名もない可能性あるベンチャー企業を大企業やVCに繋げた実績数は群を抜いています。

本文でもおわかりの通り、斎藤さんが発する言葉はいつも確信を捉えられていて、多くのステークホルダーに勇気を与え、様々なイノベーションを可能にしてきました。

これからの日本を支える志ある素晴らしい方々が、トーマツベンチャーサポートに入社してくれることを私は願っています!
凄く高い志で素晴らしいと思います。
私はフィリピンでビジネスをしていますが、海外で仕事をしていると孤独になりがちです。情報が圧倒時に少ないからです。
こういった経験豊富な会社が支えてくれると心強いと思います。
正直に言って海外で生き残るのは大変です。日本語バリアがないので世界中と競争しなくてはならないからです。
しかし、世界を舞台にしていると見える世界が違います。
少しでも多くの日本人が世界を舞台に活躍してほしいです。
素晴らしい!5年後どうなっているか分からない。まだアセットがあるうちに何とかしなきゃいけないという危機感。完全に共有します。こういう想いを胸に本気で行動する人が増えて欲しい。応援します!