新着Pick
96Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日経平均株価は226円安で4日続落となっています(4日で1340円安)。
米国株はNYダウが464ドル安と大幅続落、ドル円相場も111円前半に円高が進んだことを嫌気して、今朝の東京市場も売り先行で小安く始まりました。
3連休控えに加え、ゴーン前会長の再逮捕、米マティス国防長官2月退任、中国籍ハッカーの訴追の報道もあって、手仕舞い売りから軟化、一時2万円スレスレまで迫る385円安までありました。
後場は日銀のETF買い観測から若干下げ渋りましたが、戻りは鈍かった印象です。
米株安が止まらないとリスクは取れないムードでした。
週を通せば1208円安で3週続落、世界の景気減速懸念(米景気もピークアウト説)やFRBの利上げ、米の政府閉鎖リスクなどから米株安が止まらず、国内では大型上場の失望落胆もあって、年内手仕舞いの動きが加速、日米ともに年初来安値の年の瀬となりました。
来週はクリスマス週で市場参加者が減る中、アノマリー的には強含むことが多い訳ですが、2019年への不安(弱まる統計、ブレグジット、3.1デッドラインまでの米中協議)が高まる今、それへの期待も禁物そうです。
それでも(さすがに)少しは買い戻し入るものと見てます。
日経平均-1.11%、TOPIX-1.91%、マザーズ-3.23%、REIT-1.12%。
米株の下げの割に寄り付きのマイナスは大きくなかったが10時過ぎから下落を強めた。年末に向けてもお金が抜けていっている印象。特に日経平均ではなくTOPIXがこれだけ下げていたり、新興市場の下げも大きいところからも感じる。
なお、ダウ先物は200ドルほど戻している。

業種別には全業種下落しており、大きいのはその他金融-3.69%、不動産-3.49%、海運-3.17%、損とあ製品-2.97%、電ガス-2.79%。相対優位が精密-0.33%、空運-0.45%、食料品-0.98%、電気機器-1.05%、サービス-1.06%。
個別ではTDK+4.12%、アドバン+1.94%、TEL+1.70%、太陽誘電+1.67%と昨日下げ過ぎの印象があった電子部品・半導体系が戻したものの、全体としては下落が大きい。ソフトバンクは今日は+1.54%の反発。
今週もお疲れさまでした。
日銀のETF購入っていう支えがなかったら、今頃幾らくらいになっているんですかね? 政府の経済介入がもたらすデメリットの一つは、実態が覆い隠されて見えなくなってしまうこと。
日経平均株価は前場引け間際にあわや20,000円割れというところまで下げましたね。笑えない相場展開でも、現実を直視しつつ、狼狽せずに努めて冷静に見ていく他ないかと思います。一先ず週末ひと呼吸入れることにしましょう。
どうにか2万円割れは回避しました。