新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
再保険事業は、損保業界の皆さんも口をそろえて中身がつかみにくく難しいと言います。それに加えて、Cat Bond(カタストロフ債)をはじめとする自然災害等のリスクにリンクしたオルタナティブ投資商品が定着し、再保険会社と競合するという、状況に直面しています。

そんな中、東京海上は再保険会社の売却、MS&ADは再保険会社を買収後維持、と戦略に違いが出てきている部分が面白い。個人的には、再保険事業の「引き際」に着眼した東京海上を支持したいと思います。
「再保険事業の温存か売却かの違いは今後、収益力の違いとして表れる可能性がある」。
https://newspicks.com/news/3427375

https://newspicks.com/news/3456423

東京海上に"とっては"、良い判断だったということでしょうね。
「今年相次いだ大規模な自然災害が果たして「ニュー・ノーマル」なのか」
日本でも近年災害が増えているように感じますし、温暖化の影響であると指摘する研究結果も出ているようですので、今後もこの傾向は続くように思います。
大手の損害保険会社にとっての再保険事業。各社の対応は異なるようです。その決定が今後財務面にどのように影響していくのかは気になるところ。
災害の発生数の変化は保険リンク債にも多々影響がありそうです。
東京海上ホールディングス株式会社(とうきょうかいじょうホールディングス、英称:Tokio Marine Holdings, Inc.)は、保険持株会社である。2002年4月2日設立で東京証券取引所第1部およびNASDAQに上場している。 ウィキペディア
時価総額
3.63 兆円

業績