新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
何か、日銀政策現状維持が確認されてから海外勢が日本株の売りを加速したようですね。
外国人投資家からすれば、7-9月期の成長率が大幅マイナス成長に陥ったのにもかかわらず、追加緩和が無かったのが予想外と取る向きがあったのかもしれません。
声明文では景気認識などの文言が入りましたが、結局金融政策は現状維持でした。
 最近の資産価格の変調を巧みに視野に入れたFOMCの声明と比べると、景気認識自体もやや楽観的に思われます。
 午後に入り株価の下げが加速しているのは、日銀の追加緩和への淡い期待が外れたことに起因しているのかもしれません。
日銀の記者会計中継でスタジオ出演しました。気になったのはマーケットとの差異はないという言う割には、マーケットがみないようなIMFの経済指標を参考にして経済に楽観的な表現をされているのに違和感(涙)