新着Pick
226Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクの上場、本日の株式市場の注目はその一点。どうもサウジアラビアのムハンマド皇太子が、ジャーナリスト殺害事件に絡んだ一件から、ソフトバンクへの向かい風が治らない様相、この一件はとても予想できた事でなく、完全な想定外でソフトバンクにとっては交通事故の様なもの。しかし物事は一旦逆回転し始めると ドンドン方向が悪くなっていく。ファーウェイの機器は、恐らく日米欧では 全面使用禁止になっていく可能性も高い。これもソフトバンクにとって相当な向かい風。今日の上場の成功を願うが、ソフトバンクに吹き続ける逆風が気にかかる。
今日は午前中、ソフトバンクが寄るまで、
オフィスで待機です。
その後、ロイターからの取材を受けます。

昨日はTOPIXが年初来安値を付け、このマーケット環境の弱さ以外にも、通信料引き下げ議論や楽天などの参入による外部環境、そして先日の通信障害などの内部環境含め、ブックの積み上がりも盛り上がりませんでした。

セカンダリーで拾う予定の機関投資家も多くいると思われ、グレイマーケットではかろうじて1500円を上回っていましたが、今日の寄りが気になるところです。
いきなり減配になったりして…

記事に関して言うと、楽天参入による料金競争リスクは事実。知られたリスクなのである程度織り込まれているべきだが、実際数字にインパクト出て来れば一段と反応する可能性は否めない。

反面、Huaweiに関してはリスクを誇張し過ぎの気がする。来年始まるのはNon standalone型のなんちゃって5Gサービスで、Stand Alone型の本格的5Gのサービスインは2020年代半ばになると見られています。実際まだ規格決まってませんからね。なんちゃって5Gの方はソフトウェアのアップグレードと一部のハードウェア追加で事足りる。Huawei製4G基地局を交換するコストを含めても通信キャリアの設備投資金額自体は大きく増えませんよ。
親子上場、携帯料金引き下げ圧力など、中期的な懸念もある。本日に関しても売り出し株の多さなどから初値の切り上がりは期待薄か。

配当利回りが高いというが、それは親会社ソフトバンクグループへの回金が目的だ。携帯事業会社ソフトバンク自体の成長投資の余地が限られるということでもある。親子上場の弊害だ。

これについては、早くから警鐘を鳴らしてきた通りだ。

「ソフトバンク 親子上場に理解得られるか」(2018.2)
https://newspicks.com/news/2832458?ref=user_345620

また、東証の上場承認時の以下別pickもご参照。
https://newspicks.com/news/3447740?ref=user_345620
100%子会社の上場、上場後も6割強保有し続ける、公募なし売出しのみという特殊な上場。
売出し先はリテールで個人販売がほとんど、中高年で高配当を期待した人たちということで、あまり荒れないのではと予想します。

いくら5Gがあろうが完全にサチュレーションし、かつ完全ドメスティック産業たる通信に成長性はほぼゼロです。楽天の本格参入も決まっておりむしろアゲインストの材料だらけ。
つまり非通信分野で伸ばすしかない。そこはグループのアセットを動員して、例えばビジョンファンドの投資先とJV作らせるなどの策に出ることなどが予想されます。
色んな意味でちょっとタイミングが悪かったですね。総務省からの要請とHuaweiショックと。この記事にはリスクとして触れられていませんが、今後、PayPayのクレカ不正利用問題が大きくならなければ良いですが。
楽天の参入は影響が全く分からないですね。一般人にとって、今の楽天モバイルとの違いがわかるは少なそうですし。
【追記】
初値が公募割れしたね。
野村でも無理だったか。

今期配当が75円だとして1,500円から75円を引いた1,425円ぐらいであればOKだとか考えていたかもしれないけど現実はかなり厳しそう。ドコモとかKDDIのバリュエーションレベルまで下がるんだろうね。
【追記終】


上場後、日経が一面で大きく取り上げるそうです。さて、どのような記事になるか。

配当利回り5%とのことですが、3月末でということであれば上場後、支払いまで約半年。となると初年度は約10%かな。個人的にはその分ぐらいは公開価格の1,500円から、すぐにではないにしろ落ちてもおかしくないと思ってます。
今日は初値と終値、時価総額に注目が集まりそう。
これからは記事にあるように米中の争いがある中で5Gをどうしていくのか?ファーウェイを外すことでどれくらいコストが変わるのかなどが気になる。楽天参入に関しても、一番煽りを受けるのはソフトバンクのようにも感じる。楽天とソフトバンクが価格面などで競っていくことになりそう。
いよいよ09:00ということで、ソフトバンク株式会社(KK)の上場。

ソフトバンクグループ全体にとっての新たな資金確保の手段で、グループ財務へのインパクト大なので注目したい。

KK上場直前に、ネットワークにおけるファーウェイ製品排除の方針による設備投資計画の見直し(投資増?)、ネットワーク障害問題、ビジョンファンドとサウジMBS問題など、ネガティブなニュースも出たが、IPOの成否いかに?!

オーバーレバレッジな(表面的なデットに加え、ビジョンファンドは実質社債的にリターンを保証している部分もあり)ソフトバンクグループの信用崩壊につながるリスクも無きにしも非ずなので、大きくコケることがないことを祈りたい。

ps
いきなり朝一で寄り、公募割れしてしまった。。
いよいよ本日上場です。ソフトバンク個別の株価もそうですが、市場全体への影響に要注目
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
11.3 兆円

業績