新着Pick
151Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
確かに、通信インフラはここ10年ほどでグローバルな大統合が進み、代替となりうる米国メーカーがなく、「日本は人畜無害」とすでに広く知られているのでチャンスであることは確か。

アメリカではルーセントもモトローラも外国企業に買われてしまい、もはや一社もありません。一方、世界の通信インフラ機器のシェアはエリクソン、フアウェイ、ノキアで3社寡占状態です。(サムスンもインフラでは全然だめ。)

https://www.statista.com/statistics/526037/global-telecom-equipment-market-share/

他の国の状況は知りませんが、米国では歴史的にずーっとエリクソン以外の外国インフラメーカーを締め出しており、80年代日本、90年代韓国、最近は中国(フアウェイ)が攻勢をかけたのですがいずれも失敗しています。

私の知る限りでは、アメリカでほそぼそとでも通信インフラ商売を維持している日本メーカーは富士通ぐらいしかないので、頑張ってほしいのです。でも、インフラ機器の売り込みは、その後のサポート体制も含めてとてもコストも手間も時間もかかり、アメリカの閉鎖的な市場は身にしみているので、さてどうなるか・・・

<追記:Matsuuraさんへ>この種の統計では、カテゴリーが違うという扱いですね。いったん通信のネットワークの中にデータとして取り込まれれば、その先はシスコの世界ですが、実際に電波吹いて端末と通信する、という部分のインフラは、こういう専業メーカーの世界です。
「信頼性の高さ」を見直すだけではなく、「価格の高さ」も見直す時では。Huaweiの給与を報道で聞いたりする限り、日本人よりも安いなんて無いように思うのですが。
富士通の希望的観測を多大に含む。通信インフラ機器事業を細々と続けているものの、富士通にとっては赤字垂れ流し事業。5Gの開発ではエリクソンと連合を組んで開発中。ノキアやHuaweiは無線と光の技術を双方持っているが、エリクソンは無線の技術しかなく、富士通が光の技術を提供するのだとか。元々は国内で売上稼げれば程度だったのがHuawei排除の動きを受けてなんか変な欲が出て来てるみたい。
完全に余談ですが、先日別記事で、どなたかが嫌悪されていたバッジが2つも…思わず吹き出してしまいました…
富士通株式会社(ふじつう、英語: Fujitsu Limited)は、日本の総合エレクトロニクスメーカーであり、総合ITベンダーである。ITサービス提供企業として売上高で国内1位、世界4位(2015年)。通信システム、情報処理システムおよび電子デバイスの製造・販売ならびにそれらに関するサービスの提供を行っている。 ウィキペディア
時価総額
1.82 兆円

業績