新着Pick
256Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スカイマーク、数年前まで定時運航率最下位でしたが、社員一丸となって「定時運航率日本一」を目指し、日本一になりました。
定時運航率は、どこかの部署が頑張って上がるものではなく、航空会社の総合力です。みんな立派です。
お客様のご協力と社員全員の思いが結果に結びつきました。ありがとうございます。
執行役員などの管理職の選挙制など、まだまだ、やらないといけないことは山ほどありますが、全力を尽くしたいと思います。これからもよろしくお願い申し上げます。
FUTUREofWORKSで佐山さんのスカイマーク再建のお話し伺いました。
最高にベタベタな話で小売である当社にも非常に通じる話でした。
経営サイドの議論はツメツメ、キレキレでいい。
ただし再建、変革を起こす時、現場に対し威嚇威圧は余計なものでしかない。
多くの人は安心できる環境、安心できるリーダーの元で初めて変革の一歩を踏み出せる。

その一歩が全員分集まって大きな成果につながる、という当たり前のはなしでしたが、あの佐山さんが満面の笑みで話されるのをきいて暖かな気持ちになりました。

ご本人はおっしゃいませんでしたがキレキレの自分とニコニコの自分、ツメツメの議論と現場と対話する時に使う言語、
使い分けられることは労働集約型産業のリーダーの要件だと思う。
他の航空会社のトップに比べて、佐山さんご自身の考えや気持ちを発信される機会が多いので、それによる安心感というのが私には非常に大きいです。

社員とトップが近そうに見えるので、実際のところ安心安全に繋がっていますね。
会社を立て直すときの社員へのメッセージ、大切ですよね。
私も再建に関与するとき、社内報を書いてメール配信します。

いまどき社内報なんて・・・と時代遅れな感じもしますが、全員と面と向かってコミュニケーション取るのが難しいだけに結構ありがたいツールなんですよ。

直接お話しする機会の少ない社員から「私の感想を送ります!」「お勧めの本読みましたよ!」なんて返信が来たり、予想以上に目を通してくれているものです。

書くのにかなりの時間がかかるんですが、有効だと思っています。
目標の共有と、その実行が何よりも大切、という佐山さん。毎日、繰り返して目標を唱えつづけることによって、組織に浸透させる。継続は力なり、ですね。

その持続パワーには脱帽です。とても参考になりました。
佐山さんにお話を伺うと、毎回奮い立たされる気持ちになります。特に心に残るのは、圧倒的なまでの実行力。超多忙な身でありながら、毎週のように社内報で全社員とコミュニケーションを取る姿勢には脱帽です。
「目標を達成する上で、大切なこと」
・日本一を「目指す」こと。日本一を目指しそのために必要な行動を、日々積み重ねる
・行動に落とし込める目標を立てること

そして、目標は高いものでないと、目指す価値が出てこないし、達成したときの高揚感もない。
No.1を目指すことの大切さを再認識するインタビューでした。
「飲み会の誘いでもいいですから、声をかけてください」と呼びかけたら、実際に結構誘ってもらうこともあります。

社員ではありませんが、私も佐山さんをお誘いして一席ご一緒させていただきたいです! パラオについての思いを聞いていただきたいくらいです。きっとパラオの定期便を飛ばすにはまだまだ障害が残っていると思いますが、是非とも実現して欲しいです!

社員との距離を縮めることに努力なさっていて、大変勉強になりますね。
持続力、大切ですね!
JALを再生した稲盛さんを彷彿とさせる、いやそれ以上に人情味を感じます。
この連載について
プロピッカーなど各分野の有識者が日々ウオッチしている専門分野の「2019年」を大胆に予測。ビジネス、テクノロジー、政治経済、世界情勢、働き方など、各カテゴリーで2019年のトレンドになりそうなムーブメントや知っておきたいビジネスのヒントを指し示す。
スカイマーク株式会社(Skymark Airlines Inc.)は、日本の航空会社。 ウィキペディア

業績