新着Pick
638Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
キャッシュレス化の最大のメリットは決済の効率化とトラッキングできないことによるフリーライダー(脱税や売上げごまかし)の防止だと思う。消費者が不便を「感じる」かどうかよりも、社会全体としての非効率を改善することが大事だと思うから、僕は消費税率を変えた方がいいと思っている。現金は10%
、キャッシュレスは8%とした途端に、現金派はほとんど宗旨替えすると思うのだが。
キャッシュレス先進国でキャッシュレスが進んだのは、カスタマー・エクスペリエンス。お得感をどう出すかがポイント。そういう意味からいえば、日本政府が進める5%ポイント還元は、増税対策として効果があるという岩田さん。その通りだと思います。

現金決済ではポイント還元はないが、キャッシュレスならポイントが5%も還元される。この低金利において、こんな特典はなかなかない。

期間限定ではあるが、キャッシュレス決済を使う習慣がつけば、そのあとは日常的に使うようになる。期待したいですね。
全体として、日本のキャッシュレスの現状と課題を、バランス良く指摘している。
日本のキャッシュレスが進まない現状を、他国とのユーザーエクスペリエンスであるとし、さらに信用スコアリングの取り組みが遅れてきたことをその背景として指摘している。
この二つは、実はニワトリと卵の関係にある。
キャッシュレスが進まないために、人々の行動がデータとして把握できていないことも、信用スコアリングの進展の妨げになっている。
それを推し進めるためのポイントの還元政策や、災害時などの現金バックアップ体制の必要性などは、指摘の通り。
理想論を言えばポイント還元やキャッシュバックではないユーザーベネフィットによる普及が望ましいですね。韓国式は面白い。ポイントカード文化からくるポイント至上主義は阻害要因の一つだと思います。
確かにお得だとは思いますが、中小企業での利用だけですよね?対象店舗にはステッカー貼って欲しいです。

それに比べて今回の5%は増税分を差し引いても3%分が残る。ここまでになると使ってみようか、と思う人は増えるのではないか。

私は個人的に韓国方式が良いと思います。
確定申告の方が多くの人は慣れています。
規格を統一することが本当の意味でユーザビリティを高め、キャッシュレスが進むことになると思います。キャッシュレスは賛成ですが、現状は使いにくいと思うことがしばしばです。
現金のデメリットは脱税や従業員不正など。これは結構大きい。これをいち早く是正して効率かつ公平な社会にしよう。
家計支出の大部分を占める賃貸家賃をクレジットカードetcで払えるようにしてくれませんか。スコアリングによりダイナミックプライシングにもできるかと。
東日本旅客鉄道株式会社(ひがしにほんりょかくてつどう、英語: East Japan Railway Company)は、1987年4月1日に、日本国有鉄道(国鉄)から鉄道事業を引き継いだ旅客鉄道会社の一つ。通称はJR東日本(ジェイアールひがしにほん)、英語略称はJR East。切符の地紋には「E」と記されている。 ウィキペディア
時価総額
3.96 兆円

業績

業績

この連載について