新着Pick
88Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「再投票は、われわれの政治の一貫性を修復不能なまでに損なうことになるだろう」と警告。2度目の投票を行ったとしても「何らの前進も見込めない」と述べた。

メイ首相も苦しいところ。もともと離脱反対派だったのに。民主的な決定を遂行すべきという誇りに似た正義に突き動かされているようにも。それにしてもこんな大変なことがわかった段階でも世論調査で離脱賛成派が40%台後半を占めるのは驚きです。

諸々の政治情勢についてこの記事も参考になります。
https://www.fnn.jp/posts/00399020HDK
メイ首相は本当に立派。離脱反対派だったにも関わらず、こんなに大変なことに一人立ち向かっている。その場しのぎの人気取り政治屋とは全く違う。気骨の政治家!

「再投票は、われわれの政治の一貫性を修復不能なまでに損なうことになるだろう」と警告。2度目の投票を行ったとしても「何らの前進も見込めない」と述べた。
ある意味で「清々しい」までの民主主義の履行だ。
国民投票で決めたからには、国民もその決定に従わねばならないと。

日本ではこうはならない。もし国民投票で何かが決められても、後から「そんなことは知らなかった」「周知されていれば、別の判断をした」という大合唱になる。
日本人にこうした民族性があるのは、「お上と庶民」という対立軸があるからか。民主主義革命に至っていないんだよなあ。
ちなみに、前週延期したEU離脱案の議会採決について、来年1月中旬に行う意向とのこと。

「メイ英首相、EU離脱案の議会採決を延期 ポンドは全面安」(Reuters、12月11日)
https://newspicks.com/news/3522677
やはり民主主義の政治はこうでなければならないと思います。
そして、国民投票をやり直しても結果は変わらないと思います。いやむしろしっかりとEU離脱の判断がでるのではないでしょうか。私はEU離脱のメリットもあると思っています。
やり直すみたいだよ。
かなり上の方から聞いた。
必ず離脱が否決されるなら、という条件付きだけど。