新着Pick
413Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
NHKクローズアップ現代さんとNPのコラボ企画です!

ヒエラルキー型の組織って、スポーツ界だけではなく、多くのビジネス組織も、当てはまるはず。
ビジネス界は、働く人の考え方が変わってきている今だからこそ、少しずつ変化していますが、スポーツ界は昔ながらの組織構造がなかなか変えにくいんだろうなあ。
監督やコーチ、先輩が絶対的強者すぎる。
禁煙時代にタバコ臭いという訴えが増えたように、パワハラは良くないという前提が共有される時代には、パワハラが目立つという側面もあります。

最近レトロで雰囲気の良さげな上野の喫茶店に入ったのですが、「全面喫煙」のあまりの煙たさに慌てて帰ったことがありましたが、別にその喫茶店自体は何も変わっていないんですね。それと同じでスポーツ業界の方にも今までと何も変わってないのになぜ言われなければいけないのかイマイチピンと来ていないような方も結構見受けられました。(ボクシングの山根会長など人間的には愛嬌のある方だとも思いますが)

ビジネス分野でも決まったルールを疑わず上意下達で動ける体育会系は、営業職などを中心に就職市場でも人気でした。しかし昨今は既存のルール自体を変えにいくゲームチェンジャーが大きな収益を上げる時代、上意下達の徹底が成果を上げやすい分野も少なくなりつつある現状があります。

既存のルールを疑いすぎて動けなくなってしまうのも困るし、上位者の言うことを疑わず後ろからタックルしてしまうのもまずい。社会構造の変化とともに信頼と疑いの健康的なバランスも変わってくるのだと思います。
日大アメフト部、新体操、ボクシング…。

今年一年はスポーツ界で指導者と選手の間に様々な事件が起きましたが、それらの「問題」は以前からあったはずです。ただ、それらを「問題視」される風潮に世間の空気が変わっただけではないか—

そんな仮説をもとに、
・環境変化のスピードが速い時代
→ヒエラルキー型からフラット型へ
・個人がチームに求める報酬が変わる時代
→滅私奉公型から意義重視型へ
などの時代に求められる組織の変化があるのではないかと推測してみました。

皆さんはスポーツ界の問題の原因と対策、どう考えますか?
スポーツ界のパワハラ問題だらけの1年でしたね。
毎回新キャラおじさん、おばさんが次々現れて、
もはや吉本新喜劇なのでは、と思えるほど。

スポーツ界に限らずなんだけど、
指導というものの形がすっかり変わってきているってことなんですよね。
先日ハワイに行った時に15歳の子から
「先生は教えるというより、寄り添ってくれるガイドって感じ」と言っていたのが印象的でした。

全体主義や力で教え込むのではなく、
それぞれの個性をどう伸ばすか、がこれからの教師やコーチのあり方。
いわば、駅伝青学方式。

成功はただ勝利だけでなく、彼らの自己実現でもありますから。
そういう意味でも、卓球の張本智和くんや、スケートの紀平梨花さんなど
最近の天才型の10代は、自分軸でのびのびやっている印象です。

だから、おじいちゃん指導者には到底わからない。
一連のスポーツパワハラ問題は、
世代ギャップもそうだけど、もはや古い価値観の
古い指導者は通用しないと知らしめたようなもの。

今後も旧体質を脱することがでいなければ、
スポーツ界もビジネス界もいいチームなんて作れないってことかと思います。
はぁ。この座談会に並ぶことができなくて寂しいです(涙)

私は5年くらい前まででしたか、自分が卒業した高校のラグビー部で3年間、BKsコーチをしていたんですね。花園(全国大会)出場を目指して高校生と一緒にもう一度青春させてもらったものの残念ながら3年連続で準決勝敗退ベスト4どまりでした。

そのとき、会社でもスポーツのチームでも「いかに組織を強くするか」という点ではまったく同じだなぁと感じ、何より自分がすごくいい人生経験をさせてもらいました。

自分の現役時代から今も監督を続けている母校の先生をはじめ他チームの先生の指導ぶりをつぶさに見ていましたが、先生は「お前たちのため」といいながら、その実、”先生自身の自己満足のため”の指導になっているんですよね。

母校の選手たちも「先生が何を求めているのか?」という思考で、常に模範解答を求めながら苦しんでプレーしているんです。自分たちがやりたいプレー、目指したいスタイルがあるにもかかわらず、ほとんどのプレーがやらされている状態。

これが日本のスポーツ界の縮図であり、目立たないけどパワハラだと感じていました。やっぱり、自分たちが信念を持っているスタイル、プレーを思いっきり表現させてあげたいんですよね。

なので、私がコーチ時代にやっていたことといえば、選手たちの「自分たちを出しちゃいけない」と思わせているメンタルブロックをはずしてやることくらい。

さすがに、先生の指示を無視しろ!とは言えないので「本当はどうしたいの?」と問いかけ続けて向き合っていました。

選手のママたちから「実は、ウチの子ってあんなんじゃなくて、こうなんですよ」という息子観察記を聞き出して、私は、それをヒントに選手たちに働きかけてメンタルブロックをはずしてやることに青春をかけていましたね。

最後の試合でいつも自分を出したことがない3年生がキックオフ前に涙を流して試合中ずっと自分を出しまくってプレーしてくれたときにはホント嬉しかったんですよね。

全国大会出場や上位進出は結果であって、特に学生スポーツは人間性を育むための「教育」であるべきと思っています。指導者には教育者であってほしいです。
パワハラが起きている原因は、案件ごとにいくつかのパターンがあるかと思いますが、共通しているのは「構造的な自浄能力の欠如」。

指導者や協会幹部の倫理水準を改革するのはもちろんですが、一番の原因はスポーツ団体にガバナンス上の問題発見・解決プロセスがこれまで設定されていないことが多いこと。

スポーツ団体には特殊な監査体制が必要かと。

スポーツ団体の特殊性の一つに、統括団体を1つとする、というものがあります。
これは国際大会への代表選手を選出するために、必要な構造です。
例えば日本サッカー協会Aと日本サッカー協会Bの2つの協会が併存することはありないわけです。
もし併存が可能だったら、日本サッカー協会Aがガバナンス上で問題を抱えているならば、みんなで日本サッカー協会Bに鞍替えできるので、協会の発展のためにパワハラ等の問題が構造的に起きにくくなります。
しかし実際には統括団体は1つなので、大きな権力が集中し、競合団体がいなくなります。
同様なことは部活動にもいえます。同じ学校でサッカー部Aとサッカー部Bが併存できないです。(最近は一部そのような事例もあるようです。)

必然的にガバナンスの問題が起こらないようにしようというインセンティブが下がります。

なので、方向性としては指導者や協会幹部の倫理感の改革と同時に、
①各競技団体やチームを統括する主体が監査をすることを義務付ける。(部活動と協会等でやりかたは異なると思います)
②競技者や会員が所属する団体を1つしか選べない状況を改善する。

を進めることが重要だと思います。
補助金や強化資金を税金から投入しているスポーツ団体は、理事の過半数をそのスポーツ出身者ではない人(企業で言う社外取)にすることを義務づけるべき。これでウチワの論理が通用しなくなる。
閉鎖的な価値観と仕組みが、公開性と倫理性が求められる現代社会で制度疲労を露呈している。

しかし、やはり100年近く培われてきた「あり方」を急激に変えるのは極めて難しい。積極的に変わろうとしている組織もある中で、新たなルールや方法に適応する事を「自己否定」や「恩義に反する」と感じる方も少なくないだろう。特に過去の文化で一流選手だった方や長きに渡り組織の幹部である方は。

そのため、社会の変化に置いていかれたり、変化を無視する組織や個人も一定の割合で必ず出てくるだろう。

幸い、トップ自ら変化の波に飛び込み、変化そのものをリードする組織も生まれてきている。変化を訴える元選手や現役選手も増えてきた。こうした胎動に注目しつつ、この流れを支援・拡大するところからより良いスポーツのあり方が広まればと思う。(その意味では良いきっかけとなるコンテンツですね)

また、多くの方が指摘するように、こうした構図はスポーツ界だけでない。我々の身の回りにも普通に存在するのではないだろうか。

ちなみに。。。

まとめのイラストが素晴らしいです!
話を聞きながらこれをまとめて行く様子に特化した動画が見たい‼️
この企画、この手の話の「当事者」たちが誰一人とおらず、第三者が殴り返されない場所から評論することの意味がどこにあるのか、違和感を覚えます。改善どころか、問題喚起にすらなるかどうかも疑問符がつきます。