新着Pick
174Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
出前館がLINEグループに入ることになりましたが、韓国では出前館のようなアプリサービスが充実しています。韓国での成功事例を活かせられるところもあると思います。
韓国で1番人気の出前サービスは「配達の民族」というアプリですが、最近1ヶ月で1800万件の注文をもらうほど愛用者がどんどん増えています。
音声だけの注文だとまだ不安なので、ディスプレイありスピーカーの方がいいですね。決済までそこで終わってしまうのはすごく楽です。
個店ベースでもネット注文比率が数年前は10%未満だったのが、最近だと郊外でも30%くらいに。土俵としてはECなので、その辺りのCRM強化も必要性が増しています。
スマートスピーカーより、出前のオンライン化とそのなかでの出前館のシェアのグラフが注目。
世代が変わっていく中で、オンライン化は引き続き進むだろう。そのなかでUber EATSなどとの戦いがどうなっていくか。
出前館、LINEグループ入りしてから急成長だな >前年同期比で、アクティブユーザー数が114.1%の274万人、加盟店の数は112.3%。オーダー数は135%の成長率を達成
出前館は、確かアマゾンペイの最初の利用者でした。
出前なので、一連のフローで匿名性がなくトラブルが少なかったと思われます。
Lineグループに入る前から事業モデルの理想型が確立していたと思います。
私も出前館は長年の愛用者ですが、アマゾンペイが使えるようになりますます事業モデルが確たるものになりました。
アレクサとの相性もばっちりですが、残念ながら、私の指の動きの方が早いし確実です。
最近斜め向かいに、Honest Bee という出前と買い物代行のベンチャーできた
株式会社百十四銀行(ひゃくじゅうしぎんこう)は、香川県高松市に本店を置く地方銀行。 ウィキペディア
時価総額
528 億円

業績

夢の街創造委員会株式会社(ゆめのまちそうぞういいんかい、英語: Yume No Machi Souzou Iinkai Co., Ltd.)は、ウェブサイトを介して主に食事などの宅配サービスを行う企業。JASDAQ上場企業。日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」を運営する。 ウィキペディア
時価総額
2,770 億円

業績