新着Pick
251Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Reuters原文が①、J&Jの声明が②。
J&Jは明確に否定をしていて、数多くの規制当局などによる検査でアスベストが混入されていないと証明されており、またReutersの取材に対して不正確な報道がされないように、J&Jの弁護士団は数多くの書類提供や質問への回答をし、また事実確認のための直接的なミーティングも拒否したとしている。

原文自体は、ベビーパウダーを使用したガンとなったことで訴訟をした患者の方のストーリーから始まっている。ただ立証できずに1999年に取り下げるしかなかった。
その後、他の訴訟などで出てきた書類から、記事にあるようにアスベストを含み、またそれに対して会社幹部などがどう対処するか検討する一方で、当局には報告していなかったとしている。
なお、J&Jの765億ドルの売上のうちベビーパウダーは4.2億ドルに過ぎないが、会社の「Caring Company」というイメージに一役買っているとも書かれている。
なおJ&Jの株価は-10.04%。

https://reut.rs/2GgrAaH
http://bit.ly/2GfxMzN

J&Jというと、Our Credo(我が信条)がとても有名。またそれに基づいて、タイレノールという鎮痛剤を服用した人に死者が出たときに、その薬に有害物質が混入しているという噂が立った時点で製品回収を決定して、また飲まないようにと発表。またトップ自らが記者会見を何回も行ったり、ホットラインを整備したりもした。
その後、包装などを変えて異物混入ができないように対応して売上を回復したケースが知られている。
消費者としてはメーカーが真摯な姿勢で行動していると信じたいが…
今回の論点は2つ。

①J&Jのベビーパウダーで卵巣癌が引き起こされたのか。

②隠蔽があったのか、報告義務を怠ったのか。

アスベストは確かに卵巣癌のリスクファクターとなりますが、因果関係を証明することはかなり困難だと思います(すでにJ&Jが敗訴する判例があるが)

おそらく今回の報道の焦点は②があったか否かになりそうです。

隠蔽があった場合は社会的信頼の失墜だけでなく、巨額の賠償金、集団訴訟が控えています。

今後の報道が待たれます。
タイレノール事件では顧客最優先で真っ先に情報公開を行い、ビジネス史上最も優れたクライシスマネジメントを行ったと称されるJ&Jですが、果たして真相は如何に。

アスベストによる健康被害は様々ですが、一般的に石綿肺は約15年、肺がんは20年以上、中皮腫はもっと長く30年以上経ってから生じてきます。そして、中皮腫や胸膜プラークは、石綿肺や肺がんと比較して少ない曝露量で発症することが分かっています(つまりアスベスト対策が取られる前は石綿肺で早々に命を落とすことが多かったが、対策が進むにつれ石綿肺は見られなくなったものの少量曝露の長期潜伏期間を経て、悪性中皮腫が発生する事が知られるようになった)。

あと、今使ってなければ大丈夫という話ではなく、アスベスト関連疾患はアスベスト曝露から離れても進行します。

そのため、殆ど忘れた頃に病気になる可能性が高くなるので、長い期間の注意深い健康管理が必要となってきます(尚、中皮腫の2年生存率は30%弱、5年生存率は5%弱です)。
追記:
しまった。一般的には保湿剤として認識されているのですね。別に違うとは言いませんが、セラミドなどを配合したものやワセリン含有のものが保湿剤の試験に使われています。国内のものですとピジョンのベビーミルクローションとか、高いですけど2E(ドゥーエ)とか。個人的にはキュレルを使ってますが、エビデンスではなくて、好みです(成分的には問題ないはずです)。
お母さんPickerに少しでもお役に立てれば。お父さんも。
https://pediatric-allergy.com/2017/12/05/moisturizing-skincare-prevent-skin-problems/

元:
J&Jは言わずと知れたヘルスケアのグローバル起業ですが、人によってはベビーパウダーやベビーオイルのイメージは強いかもしれませんね。

最近ではあまり使われないベビーパウダーですが、、、はたしてこれがどのような結末と影響になるか。

不整脈治療でもJ&Jは強いのですが、いかんせん他社より高くて、しかも他社の製品との互換性がなかったり、、、システム的に仕方ないものの、うーんと思うところもあります。

ということで、これだけ信頼があるイメージの良い企業がこういったものの影響でどうなるかは注目です。



なお、最近の赤ちゃんのスキンケアはあくまで保湿が流行りですね。アレルギー疾患の予防になると報告されています。オムツかぶれはオムツの中で保湿されているわけですが、パターンにもよりますが、お母さんがきれいにしようとゴシゴシし過ぎて皮脂が取れて角質が傷ついている場合などがありますね。
真相はまだわからないが、報道が出た瞬間から株価はジェットコースター下落している。

J&Jはコンシューマ向けで有名だがその収益に占める割合は2割りも無くて、医療機器と医薬品の会社。
世界で最も尊敬される会社の一社であり、つい最近まで世界時価総額トップ10に非IT、非金融で唯一名を連ねていた。
最近のお話かと思いきや、1971年には把握していたとのこと。
J&Jは報道を否定しているということですが、大変続報が気になります。

ロイター報道の原文はこちら
https://reut.rs/2CfC0Dp

マーケットも反応しており、株価は急落しております。
https://www.bloomberg.co.jp/quote/JNJ:US
【米J&Jの株価急落、ベビーパウダー巡るロイター報道を嫌気】
https://newspicks.com/news/3534377

最近は色んな保湿剤もありますが、乳幼児期のあせも対策などで使用するケースも少なくないと思います。
J&Jはクレドが有名ですね。
クレドを考えれば、ありえないことですが。

○J&J Our Credo
https://www.jnj.co.jp/group/credo/index.html?nv=foot
育児にも流行り廃りがあり、ベビーパウダーは最近はあまり使わない風潮があると感じています(オムツかぶれても、ベビーパウダーは使わなくてよいと、私はいわれました)薬局に行くと売っているベビーパウダーは基本的にj&jのものです。

この報道が本当だとしたら、今のものは入ってないにしても、当時な日本で売られていたものがどうだったのかは気になります。
タイレノールの歴史を乗り越えてきたJ&Jなだけに、隠蔽が持つ意味の重さが他社とは異なる。
これが本当だとしたらそのダメージは計り知れないだろう。
今回のケースでJ&Jが採るべき最初の施策は、「製品の安全性を訴える」とか、「隠蔽防止のために情報開示を行う」といったものではないように思います。まず何よりも優先されるのは、「安心して赤ちゃんも使える安全な製品を作る」という、顧客が最も重視するであろう当たり前の価値観を、J&Jも最重要視していると顧客に理解してもらうことになります。

それは単に企業理念などで謳うだけではなく、行動で示す必要があります。それこそ「J&J役員と社員の大半も自分や自分の子供に対して長年使用している」と言えるように、潔白さと安全性が心情的に伝わるコミュニケーションをすべきではないかと思われます。仮にシロなら今すぐ実行に取りかかれますし、クロならそれこそ可及的速やかに製品回収をし損害賠償するところからになります。

本来は、疑惑が取り沙汰された数十年前の段階でそうすべきなのですが、1万の訴訟を抱えるほどの事態を招き、原発問題の一歩手前クラスのレベルにまで傷口が広まった以上、単に製品の安全性を証明するだけでは顧客が納得しない気がします。

どうすれば「あぁJ&Jは本当に僕の/私の気持ちを分かってるなぁ」と顧客に感じてもらえるか。信頼を損なえば損なうほど、取り戻すのが難しくなってしまうという格好の事例になってしまったように思えます