新着Pick
70Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ヤマハ発電機が、Grabに出資のニュース!
確かに東南アジアの二輪車市場において、存在感を表してるヤマハ発が投資するのは理にかなってますね。一方でトップシェアを握ってるホンダに投資の話があったのかは気になります。

今回の出資で、東南アジアの二輪車市場の勢力図が大きく変わるかもしれません。
ホンダもすでにグラブへ出資済み。二輪ライドヘイルを通じ、近距離MaaSへ取り組む。インドネシアではゴジェックやグラブの普及で二輪車新車販売の成熟が早まったことは間違いない。将来のEVバイクの普及を睨めばライドヘイルとの協業は不可欠。ヤマハ発は台湾ではGOGOROとも戦略提携する。日本郵政とも組んだホンダからモビリティ領域は大きく遅れたが、日高社長になって急速に挽回戦略を実行中だ。
インドネシアで先行するGojekに対し、東南アジア全般の包囲網で攻め入るGrab。先日詳しい方に聞いた話では、Uberが撤退した影響でGrabは他の東南アジアでは非常に戦い易くなり、他国で稼いだ利益をインドネシアに投下してくる可能性あり、対するGojekも他国に進出を始めたそうです。GrabにはSoftbankという巨大な資金源が株主についており、消耗戦はGojekにとって不利な気がしますが、最大インドネシア市場を抑えつつあるGojek。2社の戦いは続きますね。。。Grabは先日もToyotaから10億ドル出資を得ていましたが、日本での資金集めと提携戦略が上手い印象です。
インドネシアは年間600万台以上の規模を持つ世界3番目の二輪車市場です。日本ブランドがほとんどで現在のポジションは本田がダントツ70%以上のシェアを占め、2位がヤマハでホンダの1/3くらい。かつてはホンダと熾烈なトップ争いを繰り広げたスズキや高級バイク路線で行くカワサキがほそぼそと事業展開している...という状況です。

配車アプリを使ったバイクタクシーは、グーグルも投資をしているGo-jek が先鞭をつけたのですが、現在は4輪配車で入ってきたグラブバイクとの2社競争が展開されています。

Go-jek とグラブバイクの2社競争はベトナムやフィリピンなど他の東南アジア諸国でも始まっています。

ヤマハはグラブとの提携で何を期待するか...。
物作りや増販という従来型のバイク屋のビジネスを超えたセンスが要求されますね。
昨日、自動車参入は見合わせるという発表があったばかりですが、モビリティの分野で積極的に仕掛けて行く姿勢は変わらなそうですね。
良さそうな組み合わせですね!
ヤマハ株式会社(英語: Yamaha Corporation)は、楽器や半導体、音響機器(オーディオ・ビジュアル)、スポーツ用品、自動車部品の製造発売を手がける日本のメーカー。日経平均株価の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
9,290 億円

業績

ヤマハ発動機株式会社(ヤマハはつどうき、Yamaha Motor Co., Ltd.)は、日本楽器製造(現在のヤマハ)の二輪部門が独立して誕生した、主にオートバイを中心とした輸送用機器を製造するメーカー。二輪の売上規模は世界第2位であり、船外機やウォータービークルの販売台数は世界首位。ヤマハ発動機サッカー部は、サッカーJリーグのジュビロ磐田の母体である。 ウィキペディア
時価総額
6,741 億円

業績