新着Pick
72Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
何度かコメントしてますが、東京医大の一番の問題は、女子や多浪生を振りに扱っていたことではなく、そもそも前文科省局長の息子の入学における贈収賄疑惑です。
個人的には、義務教育でもない私立で、どのような入学基準をとろうが、自由だと思っています。今まで、お金を積めば入れる医学部なんていくらでもあったことは、多くの方は何となく認識していたのではないでしょうか。まぁ、それを大っぴらにせずコソコソするから話がややこしくなるのですが…。
しかし、犯罪にあたる行為はまずい。
その点で、もし贈収賄が事実であれば東京医大は非難されるべきだと思いますが、女子や多浪生の扱いは、多くの医学部は大差なく、そこだけ取り上げるのは、贈収賄から世間の目を背けようとした文科省の思惑にまんまと引っかかったな、と感じます。

追記
さらに言うと、オープンにしたとしても、女子に対して極めて不合理な不利な扱いはアウトだと考える余地はあります(定員を9対1にするなど)。
対して、多浪生については、誰もが現役、一浪だった時があり、その機会は平等に与えられています。学力不足でそのチャンスを掴めなかったのは本人の責任なのですから、それ以上受けるとしたらハンデがある、というのは、不合理な差別ではないのではないかと思います(このように考えると、年齢で一律に判断するのはおかしくて、社会人経験者と多浪生は区別すべきですが)。

以上は、聞いた限りで複数の医学部生の意見。

ちなみにですが、旧司法試験時代、一時期、ベテランより若手が欲しいということで、受験回数が少ない受験生を優遇する制度が取り入れられたことがありました(通称、丙案)。これは大っぴらにしているからOKなのです。
来年2月-3月までこの傾向が続けば、大学人気に不祥事が反映するある意味で好ましい歴史が作られることになりますが、はたしてそうなるかどうか。

「不祥事を起こした大学を避け、他大学に行きたいと考える受験生が多いようだ。ただ本番では、そうした余裕がなくなる受験生も多い。最終的に減少率は縮まるのではないか」
東京医科大は、女性の受験生が減るかもしれませんね。
入試で女性をふるいにかけるような大学は、入った後もいろいろと女性にとって好ましくない環境がありそうだし。
結果として、男性の比率が高まるという大学にとってうれしい状況になるのかな?
不祥事が大学側に何らかの実質的な不利益を与えるようになってしかるべき。ただし,医学部の場合には狭き門の世界なので結果的にどうなるかわかりません。また医学部に限らず,志願者が多いからといって,それに安住していてはなりません。
痛手でしょうね。
併願受験料と一時入学金の稼ぎが減る。ブランドイメージ大事。どれくらいの期間で回復するのかも気になる。
合格枠が減ってるのだから妥当な話では?イメージももちろん影響してるでしょうけど。

実際にはギリギリで併願応募して受験者数は増えるでしょうけどね。

大学も受験ビジネスで儲けようとせずに、合格枠が少ないことを申し訳なく思うなら受験料を減額すべき。1人1人の受験生家庭にはわずかな差かもしれませんが。
不祥事があったとしても受験生は減らないとたかをくくっていた経営陣はどう受け止めるのでしょうか。当然の成り行きと思います。
イメージ払拭のためになんもしてないのなら仕方ないよね
^_^