新着Pick
270Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
追跡装置を付けて、夜間の外出も禁じての保釈、つまりいつでも再び身柄を押さえられる状態であり、保釈は高血圧という健康上の理由とのこと、中国側から人道上での不要な非難を避けるためと思われる。
緊張は続く。
外国人被疑者が日本で逮捕勾留された場合、国による保釈制度の違いを最初に丁寧に説明しておかないと、後に大きな不満を生んだり、精神的な不安定さを引き起こしたりする。
仮に十分説明していても、その後実際に勾留が長期に及び、家族や親しい友人にも会えず、これまでの社会活動から隔離された上でいつ釈放されるか分からないという状態に置かれると、いかに精神力の強い方でも精神のバランスを崩していくのを目の当たりにすることにはなるのだが…。
それほど日本の長期勾留可能な制度は異質であり、非人間的である。
日本はほんと野蛮な国ですね。起訴後勾留で否認してると半永久的に身柄拘束できる。
身柄拘束云々は別として、英米系の保釈は徹底していますね。

「無罪推定の原則」が働き、有罪判決が出るまでは「無罪」と推定される。
よって、「無罪と推定される者」の身柄拘束は、例外的にしか認めない。

日本の刑事訴訟法も同じ精神なのですが、起訴されるまで保釈が認められないという制度が何とも野蛮です。

操作当局は20日間、保釈を気にせず引っ張れませすから。
中国でカナダ人元外交官が拘束されたらしく、おっそろしい国だと思ったが、起訴されても保釈してくれない国に住んでるんだったわ。
カナダの裁判所がファーウェイの孟CFOの保釈を認めたとの報道。
昨日は孟CFOの夫が保釈求め12.7億円を納付するの意向を表明したとも報じられていました。
https://newspicks.com/news/3523466
保釈金は1000万カナダドルとの報道も。
https://reut.rs/2QqG0cX
これではいつでもカナダの経営者、外交官などを中国では逮捕して人質にすることができるようになる。
そもそも中国世論では孟氏の逮捕はカナダ政府による人質と言っている。
ならず者国家同士ではどんどん人質を取る。
裁判所の判断でしょうから、日本の裁判所も法に従ってゴーン氏の判断をすべきでしょう。
他ニュースを見ると以下の条件での保釈であり、
逃亡は無理です。
また、逃亡したら、中国政府が非難されるだけ。

「1千万カナダドル(約8億5千万円)の保釈金を支払う▽バンクーバーに滞在し続ける▽パスポートは取り上げられる▽24時間態勢の監視に服する(追跡装置装着?)▽監視費用を負担する」
カナダと中国の駆け引きが凄いです…
飛び交っている保釈金も半端ないけれども。
でも、やはり保釈しますよね。改めて日本は怖いかも…