金正恩は挑発を再開するか。朝鮮半島情勢を予測するポイント

2018/12/25
火種でありつづける北朝鮮問題
2018年は朝鮮半島にとって、大きな転換の年だったようにみえる。
ドナルド・トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩委員長は、シンガポールで歴史的な首脳会談を行った。現職の米大統領が北朝鮮の指導者と直接会談したのは初めてのことだ。
この1年間に、北朝鮮はミサイルの試射を一度も行わず、もちろん核実験は実施しなかった。
韓国も北朝鮮に接近し、文在寅大統領と金正恩委員長は今年3度にわたって会談している。
これらの状況を考えると、朝鮮半島情勢は好転しているようにみえる。だが、本当にそうなのか。
残念ながら、朝鮮半島はアジアの火種でありつづけている。2019年に注視すべき点を4つ挙げる。